« 4月1日 | トップページ | 多様性の国 »

大平桜

今日は快晴で絶好の行楽日和。
桜を見に行ってきました。
残念ながら自転車で行ける距離ではないので車で。
それならばと両親を誘ったところ母が行きたいとというので一緒に行きました。
行ったのは三隅町の「大平桜」。山中にある一本桜です。
出張で近くを通るたびに、看板を見ていつか行きたいと思ってたんだよね。

片道で3時間以上かかる計算だったので、朝の7時に自宅を出ます。
途中の道の駅で休憩を撮りながら、海をパチリ。

20100404_004 20100404_050

今日はべたなぎで穏やかな海でしたconfident

三隅町に入ると国道を逸れて山中へ。山深く細い道を入っていたところに、大平桜はありました。

静かに桜鑑賞できるものと思っていましたが、車が多いし、なにやらお囃子も聞こえる。
山を登って近づいてみると(下のほうに車を停めたので)、にぎやかにお祭りが開かれていました。

20100404_008 20100404_036
けっこうな人がきてます。でもまぁまずは桜の鑑賞。

20100404_038 20100404_019 で、でかい!
後ろの家と比較して、その大きさがわかるでしょうか。

近づいて(樹の保護のためか、根元は立ち入り禁止になってました)撮るとフレームに収まりません。
20100404_018
すごいなぁ、!大平桜!
畏怖を感じます。

そして、感動するのは、これだけの老木なのに盛んに花を咲かせていること。
いいなぁshinehappy01

20100404_030 近くに2代目もありました。
まだまだ小さいです。初代の大きさになるには後何百年かかるんでしょうかね。

最初は静かに見たいなぁなんてちょっと閉口しましたが、見ているうちに考え直しました。
老いてなお雄大に立つ満開の桜を取り囲む笑顔。
皆が大樹を見上げ、感心し、笑顔になってます。
祭りを開いている皆さんも笑顔。
この樹がいかに愛されているのか。地区の皆さんの誇りであるのか。
お祭りも、ただの観光イベントではなく、地区のシンボルであろうこの樹が、また1年年輪を重ね無事に開花したことのお祝いでもあるのでしょう。
深い山の中で桜を守る皆さんの喜びを感じました。いい村おこしだと思いました。
僕も何だか喜びを分けていただいたような気持ちです。静かな感動にひたりながら帰途につきました。

かなり遠くで疲れたし、来年以降もいけるかどうかは疑問ですが、いやぁ見れてよかったhappy01
大平桜よcherryblossomいつまでも元気で!


ちょっと詠んでみた。

老いてなお 花開く桜 囲む宴

老桜の 開花とともに 笑顔咲く

                        おそまつcoldsweats01! 

|

« 4月1日 | トップページ | 多様性の国 »

コメント

親孝行されましたね^^
お母様もさぞ喜ばれたことでしょうね!
そちらも桜が身頃ですかぁ~
こちら方面はまだ寒い日が続くこともありますが、ほぼ咲いてますね。
でも本当の満開はこれからというとこかな?

私も今日は大急ぎで自転車乗ってお花見に行ってきましたよ。
4月は自分にとっての新年を意味するから、その新年の象徴の桜をやはり見なければと思い、夕方から必死にペダルを回してきました。

力一杯咲く桜に何とも言えぬ思いが交差しますね。

投稿: パリジェンヌ | 2010年4月 4日 (日) 23時42分

親父も連れて行きたかったんですけどね(ボケ防止のため)、母だけでも喜んでくれて良かったです。

パリジェンヌさんもお花見できてよかったですね。
やはり桜はいいですね、有名な花見スポットもいいですけど、1本ポツリとある山桜も風情があります。
また週末に花見にいきたいけど、もう葉桜になっているかもしれませんね~
そちらではこれからが見頃ですか、いっぱい桜が見れるといいですね。

投稿: ちぇん太 | 2010年4月 5日 (月) 07時27分

なんでっか!このデカさは?
見事な桜ですね。
ボクもちぇん太さんと同じように群生する樹よりポツンと咲きほこる樹に風情を感じます。

自転車であちこち回りましたが、こちらは今週のウィークデイが見頃かな?週末だと葉桜になってそうです。

投稿: 103 | 2010年4月 5日 (月) 08時06分

でかいでっしゃろ!( ̄ー ̄)ニヤリ
樹齢600年以上だそうです。
以前山火事などで一部の枝が燃えたそうですが、それでこの壮大さですから、以前はどんなにすごかったんでしょうね。

平日が見頃とは残念。今週は天気よさそうなのにね。
思い切って花見休暇取っちゃったらどうすか?( ̄▽ ̄)

投稿: ちぇん太 | 2010年4月 5日 (月) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月1日 | トップページ | 多様性の国 »