« 久々更新-再開します | トップページ | SB観戦記録 »

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら

再開後初めの記事は本の感想です。

取り上げますのは、これ
(よかったらアフィリエイトもポチッとしてね)

もう色んなところで話題になっていると思いますが、僕が購入したのは一月ほど前でしょうか。某ネット記事で、ドラッカー学会で話題となった、ドラッカー入門書としてバカにできない良書との紹介文に出会い、その足で書店に行ったもののどこにも置いてなく、アマゾンで調べたらそこでも在庫切れだったので、急いで注文して1週間後に手に入れたもの。
以前、出張の際に立ち寄った東京の某書店でドラッカーコーナーを見てから、ドラッカー読みたいなと思っていたものの、著作の多さとぶ厚さに踏み込めないでいた僕にとっては、まさに探していた本です。で、ついでに本家ドラッカーの「マネジメント」(もちろんエッセンシャル版)も一緒に購入しました。
残念ながら、本家はまだ読んでいませんが、こちらの本は読みやすく、現在2回目中です。

粗筋は簡単。タイトルどおり、突然高校野球の女子マネになった女子高生が、ドラッカーの「マネジメント」に出会い、それを活用して仲間とともに甲子園出場を目指す、というもの。
お話としてはちょっとおかしな点もあるし、何より野球を知っていればこそ「そんなにうまくいく訳ない」と考えるであろう、ご都合主義的な部分は多分にあります。
その点を批判されることもあると思いますが、この本の本質はそこではないのです。どうしてもそういう部分に拘る人は、寓話として読め!といいたい。
では本質はというと、これは青春小説の体を借りた、「マネジメント」の入門書なのです。
そして、その見方で読み進めると、これは非常に面白く、かつ判りやすい本です。
僕が一番感動したところは、冒頭みなみちゃん(主人公ね)が「マネージャーの資質」についての記述を読むところです。
「マネジメント」には、「マネージャーの資質」として最も大切なこととして「真摯さ」と記されています。
それを読んだみなみちゃんは、電撃に打たれます。涙が溢れ、そしてさめざめと泣き続けるのです。
実はここで僕も泣きそうになりました。正直僕もこの「真摯さ」という言葉には感動しました。
(既にご存知の方には「何を今更」でしょうが)
僕も職場では管理職。ですが実際うまく出来ているわけではないと思います。日々人をまとめる難しさなど実感しており、未だに自分はマネージャとしてどうなんだ、と悩む毎日です。
そんな悩める中間管理職には、まさに珠玉の言葉です(ちと大げさか)。新人マネージャとして不安の中で活動を始めたみなみちゃんにとって、この言葉は背中を押してくれる力強い言葉であったことでしょう。そして、その言葉に感動し涙を流す彼女に、40も後半のおっさんが共感して感動してしまったのでしたcoldsweats01

ということで、僕と同じような悩めるマネージャーには、「マネジメント」の入門書として、またこれだけでも解決へのヒントを示す本として、推薦できる本です。

|

« 久々更新-再開します | トップページ | SB観戦記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々更新-再開します | トップページ | SB観戦記録 »