« 寒い・・・ | トップページ | 京都、オトナの修学旅行 »

揚げ足とり

昨日のニュースで、

「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡り麻生首相

という話がありました。

この人も一国の首相の発言がどれだけ影響力があるか、もう少し考える必要もあると思いますが。
でも、いいことも言ってるんですよ。
上記の発言に続いて、「努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」と発言してます。
普段頑張って健康を維持して(自腹もきって)医療費を抑えている人に対して、何らかのインセンティブがあってもよいという、麻生首相の論には、僕個人は大いに賛成です。
徒歩や自転車での通勤を推進している企業へ補助金を出すとか、ランやウォーキング、自転車へのイベントに援助金を出す(そしたら参加費も安くなるかも)など、いろいろやり方はあるでしょう。
最近は予防医療の重要性が高まっており、日本の医療もそちらへ重心を置く方向にシフトしつつあるようですし、自ら健康維持へ努力することへの援助などは是非やってほしいと思います。
ただ、まぁそのための例え話(何もしない人~うんぬん)が悪すぎるんですがね・・・

それにしても、今回の報道も、まず首相の発言がテーマになっており、その後の「努力して健康を~」という部分が目立たない。
思うに、マスコミの取り上げ方は、こういう揚げ足とりな部分が第一で、真に建設的な部分を取り上げることについては二の次のように感じます。
こういう取り上げ方は、ある意味読者たる国民を馬鹿にしているような気もしますし、僕は良識がないと思います。
昨今、このような日本の大多数のマスコミのあり方に、嫌悪感が広がっているように感じておりますが、そのような社会の動きに敏感なはずのマスコミの皆さんはどう感じておられるのでしょうかね?

少なくとも、私は揚げ足取りが目立つ昨今の報道は、好ましく思っておりません。
首相の晩御飯なんか報道(某スポーツ誌のWEBサイト)するより、やることあるだろ!

|

« 寒い・・・ | トップページ | 京都、オトナの修学旅行 »

コメント

ちぇん太さん、全く同感です。
少しくらいの失言が大臣を辞職(更迭)に追いやり、その人が実現した改革や行政改善には全く触れない…

また、何か問題を起こした企業が記者会見をしても、代表者の責任がどうの、企業体質に問題はなかったかというような問題(それも大切だけど)ばかりに議論が及び、『これからどのようにして改善していくのか』というところには全く焦点が当てられない。本来議論するべきはソコですよね。

「まるで悪い人を責めて、困らせた人はスゴイ人」のようなわけの分からない評価をしているときがあるような気がします。全てマスコミのせいとも思えませんが、それを助長しているのは確かでしょう。

あ~、だんだん考えてたらハラ立ってきた。
でも、冷静にこういう問題を論じる必要がありそうですね。

投稿: 103 | 2008年11月28日 (金) 12時46分

10さん、こんにちは

言いたいことはもっとあるんですが、今回はこのくらいにしときましたcoldsweats01
こういう失言のたぐいの方が売れるのかもしれませんが、もっと成果や前向きな発言を報道してほしものです。
今回やり玉にあげられた発言も、本当に言いたいことの前振り部分。いわゆる「掴みはok!」という部分です。そこを「失言だ、失言だ」と大騒ぎされたら、もう何も話せませんよ。
こんな大した事無い話で大騒ぎするより、もっと本来の仕事で判断すべきと思います。

ホントよっぽどタフな精神をしているひとじゃなきゃ首相や大臣はやっていけないですね。
そういうタフな精神は、本来の仕事に向けてほしいですけどね・・・


投稿: ちぇん太 | 2008年12月 1日 (月) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い・・・ | トップページ | 京都、オトナの修学旅行 »