« ブログ通信簿 | トップページ | ライト問題 »

前向きに

今週は連休からずっと体調が優れず(寝込んだ日もあった)、週末の運動会の準備のことでごたごたもあって、もう身体もこころも絶不調でした。
そんな時拝見したKAKAPOさんのブログで、北京パラリンピックの自転車競技で活躍されている藤田征樹選手のことを知りました。

藤田選手はトライアスロン出場を目指していたころに事故に遭い、両足に障がいを負われました。しかし義足を着けて、トライアスロンを完走!そして今は自転車競技で世界記録を出すような選手になられました。
事故に遭われた時も、その後のリハビリでも、辛い思いをされたでしょうに、その爽やかな笑顔には辛さは微塵もありません。
自分も辛い時はあるけど、でも藤田選手よりははるかに恵まれています。弱音を言っている場合じゃないですよね。

思うに藤田選手の前向きなスタンスは、辛い過去があったからではないか、と。辛い時代を乗り切ったこと、周りの方々のサポートがあったこと、そういうこと全てを糧にされ、前向きに頑張っておられるのかな、と勝手に推測しました。
どんな方にも辛い経験はあると思いますが、それをよい経験として自分の糧にすれば、乗り越えていけるのではないでしょうか。
こころの持ち方次第で、藤田選手のように前向きに頑張れると思います。

かくいう自分も藤田選手にパワーをいただいたように思います。だんだんと元気が出てきたのです。
今夜は運動会に向けた打合せです。張り切って頑張ってきます!

KAKAPOさん、いいことを教えていただきました、ありがとうございます。
また、藤田選手はじめ障がい者スポーツに打ち込んでいる皆さんにエールを送りたいと思いますshine
頑張ってくださいsign03

|

« ブログ通信簿 | トップページ | ライト問題 »

コメント

色々とご心痛がおありのようですが、あまりクヨクヨされずに楽しいことだけを考えて生活するようになさってね!
口で言うのは簡単ですが、でも日々の生活の中で本当に色々な出来事がありますし、いちいち気にしてたら病気になっちゃいますものね。
私も散々な目に遭って、健康を害してからつくづく思いますよ。
「心が健全なら体も健全」
きっと全ての人間の一生の中で嫌なこと、不快な事の方が9割ぐらいじゃないかなぁ・・
でもそれだからこそ、残りの1割の幸せ、楽しいことが実際以上に楽しく嬉しく感じるんだと思います。
そのささやかな楽しいことを感じて瞬間でもいいから幸せ感を感じることが出来るからこそ、人間は明日に向かって進んでいけるんだと思ってます。

パラリンピックの全ての選手の方々。
本当に並大抵の努力ではあれほどまでのことは出来ないと思います。
それゆえ、達成した時の喜びは今までの人生の不遇感を一切合財払拭するだけの思いに等しかったと思います。
私も観てて、知らず知らず目頭が熱くなりました。
今後の人生の礎みたいなものを感じ取ることが出来たと思います。

ちぇん太さん、まずはお体のほう、しっかり治して下さいね。
耐え切れぬようなことはどうぞ思いきり愚痴って下さいね。
嬉しいことは人に話すと倍増するけど、悲しいことは人に話すと半減しますから・・^^v

投稿: パリジェンヌ | 2008年9月18日 (木) 21時47分

パリジェンヌさん、こんにちは
僕も同じように思います。
辛いことばかりのようでも決してそうじゃない、日常の中のささやかな幸せに目を向けられる余裕があれば、その幸せを糧に明日へ向かうパワーが得られるように思います。
そういう点では、藤田選手やパラリンピックの選手の皆さんのように、ハンディキャップ(ご本人はハンディだなんて捉えてないんじゃないかと思いますが)を持っても、それを乗り越えていらっしゃる皆さんは、僕よりもはるかに「生きること」の達人ではないか、と思うんですよね。
僕も皆さんを見習う気持ちで元気になりました。暖かい言葉をありがとうございました。

>嬉しいことは人に話すと倍増するけど、悲しいことは人に話すと半減しますから・・^^v
この言葉、いいですね~shineいただきましたhappy01

投稿: ちぇん太 | 2008年9月19日 (金) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ通信簿 | トップページ | ライト問題 »