« Y.K.G | トップページ | Tシャツと定食 »

お神輿かついできました

20日は、外江の祭りに参加して、お神輿をかつぎました。
外江は境港市にあります。えびすクルージングでは2番目の寄港地になるところ。

きっかけは、そのえびすクルージングでした。
外江の皆さんから、「ぜひ祭りに参加して神輿を担いで欲しい」とのお誘いを受けました。
帰ってから、こちらの会の集まりでそのことを報告したところ、いつも揖屋の祭りに参加いただいているので、こちらも参加しようということになり、総勢6名で参加することになりました。

僕を含む二人は、まずは前日の子供神輿に参加し(これは後について歩くだけでしたが)、その後で決起集会(?)に参加させていただきました。楽しく時を過ごしました。
その日は、Iさん宅に宿泊させていただきました(Iさん、奥様、ご家族の皆さん、ありがとうございました)

翌日は、残りのメンバーもやってきて、祭り装束に着替えて、神社に向かいます。
この日は、朝から良く晴れて、じりじりと暑い。9時からのスタートでしたが、既にスタート前から30度を超えていそうな暑さですsweat01
地元の皆さんは涼しそうな半被ですが、我々は夜祭り用の半纏。余計に暑く感じます。
神輿は700kgあるそうbearing
もうこの段階で最後まで持つか心配になってました。

スタート地点の神社では、参加する3台の神輿と担ぎ手、地元の皆さんで一杯でした。
20080720_001 20080720_004

3台の神輿は、南、北それぞれの1台と女神輿。
皆さん半被姿で決まってます。女神輿の皆さんは派手な半被で艶やかです。
開会式の後、2台の神輿を突き合わせてから、南と北に分かれて町の中を廻りました。
20080720_013 20080720_015

見越しには子供を4人乗せ、「ちょうーさらー」の掛け声でかつぎます。
ちなみにうちらは「舫」と書かれている半纏を着てます。右の写真の外側の「舫」が重さにあえぐ僕ですsweat02

20080720_018 20080720_025

スタートしてすぐに、これはとんでもなくハードなことと思い知らされました。
神輿は重い、肩にかかる痛み。心臓はばくばく、容赦なく日は照りつけ、汗はまさしく滝のように流れ落ちますbearing
自転車でも滝汗になりますが、あんなもんじゃありません。
油断しているとすぐ熱中症になってしまいそうです。というか途中で何度もやばいsign01と感じることがありました。
ほかの方もそのようで、休憩はすぐ取られます。(助かった)
休憩はビール(小さい缶)を飲みますが、途中からはビールではまずいと思い、ひたすらにジュース類ばかり飲みます(正直冷えたお茶か水が欲しかったですが)
休憩中に散水していただいて、身体の熱りを冷ましてもらったのも助かりましたhappy01
担いで本当に辛かったのは、神輿の前部分を担いだ時。正直ぶっ倒れると思いましたよ。途中でまた後に戻ってからは、後ろばかり担ぎましたcoldsweats01

へろへろになりながら、集合場所にたどり着きました。北廻りの神輿と女神輿が着くまでの時間、けっこう休めたので、これは助かりました。

20080720_039

その後、広場に移動し、いよいよ「ちょーさげんか」の始まりsign01
これは北廻りと南廻りの、それぞれの神輿をぶつけ合い「けんか」するもの。
お互いの前部分を互いに組み合わせ、上下に揺らし、前部の飾りを落としたほうが勝ちというルールのようです。

20080720_055

開始の合図と共に激しく神輿を上下に揺らしますsign01これもきついsign03
2回やって、もー心臓バクバクsign01
いやー熱い祭りですsign01 (でも心は熱くなり過ぎないようにね)

この後、女神輿の皆さんと記念撮影したりしました(何やってんのhappy01
この時話をして、うちらの祭りに来ていただくようお願いしたとのこと(Mくん、GJsign01

さて広場を出た我々はスタート地点の神社に戻ります。
このころはお昼を過ぎ、アスファルトが焼け、肩は痛い、足裏は焼ける(足袋なので)、と大変なことにwobbly
休憩の度に日陰にダッシュでしたcoldsweats01

やがて、神社に戻って最後の「けんか」。何とか無事に終わりました。結果は「引き分け」でお手打ちとなりました。(こういう言い方でいいのか、わかりませんが)

いやーそれにしてもきつかったhappy02
翌日になっても肩の痛みはとれません。顔の日焼けは、鉢巻をしていた部分がくっきり。
でも、いい体験でした。神輿を担ぐことがどんなにきついか、よく分かりましたし。
地元の皆さんともいっぱい交流ができました。
皆さん口々に「これに懲りずに、また来年来てね」と声をかけていただきました。

どうでしょうか、僕なんか足手まといだったんじゃないでしょうか。
それでも「また来いよ」と言ってくださる皆さんの優しさに感謝です。
最後の慰労の宴にもお誘いいただきましたが、早々に帰りまして、失礼しました。
泊めていただいたIさん、最初に誘ってくれたEくん、そして外江の皆さん、ありがとうございました。
来年参加するとしたら、倍の人数で伺いたいと思います(交代で担ぐためcoldsweats01
揖屋の穂掛祭りにもぜひ来てくださいねsign01

えびすクルージングの前の晩、Eくんが祭りへの思いを熱く語ってくれていたのを思い出しました。
この外江のけんか神輿、長く途絶えていたのを15年前に復活させたそうです。
揖屋の穂掛祭り(けっこう賑やかなのだ)を見て刺激を受けたとのこと。
もっと外江の祭りも賑やかにしたいんだ、と言ってました。
熱くて楽しい、いい祭りだと思うけど、確かに露天商も少ないし、地元の人にしか知られてない感がありますね。

実は揖屋の穂掛祭りも、夜店の数は僕らが子供の頃に比べたら随分と減ったし、終わる時間も早くなった。僕らがやってる舞台も、祭りを盛り上げようという先輩達の思いから始まったもの。
僕らも祭りをもっともっと盛り上げたいsign01と思ってます。
外江の皆さんも、頑張ってくださいね。そして、このお祭りが、もっと多くの人が訪れ、楽しみにされるような、賑やかで盛大な祭りになるよう祈っておりますsign01

|

« Y.K.G | トップページ | Tシャツと定食 »

コメント

この暑い中、本当にお疲れ様でした!!
ホント、ちぇん太さんにはいつもいつも感心させられます。
こういった行事には欠かさす参加され、一生懸命にお手伝いされる姿は立派flair以外の何物でもありません。
皆が一丸となって担ぐ姿は本当に感動ものですね。
子供達の情操教育面でも大いに役立つことだと思いますよ。
そして今の若者達にも是非とも参加、お手伝いしてほしいものですconfident
そして何かひとつでも学んでくれたら・・
本当にこの猛暑の中、大変だったことだと思いますが、何かを成し遂げた充実感はひとしおだったと思いますよgood
まだまだ体中痛むでしょうが、ゆっくり休養をとられて是非とも次回のイベントに向けて頑張って下さいね~

ちなみにお写真の右がちぇん太さん?
それとも左の方?
初めてちぇん太さんのお写真を見たので感激してますhappy02

投稿: パリジェンヌ | 2008年7月22日 (火) 16時23分

ちぇん太さん、酷暑の中ご苦労様でした。
そして、パリジェンヌさんと同じように感じました。子供の情操教育に必要だな、と。
ただ、楽しいだけのお祭りではなく、裏方さんがいて苦労している担ぎ手もいて、色んな人が関わって成り立っているというのを、その場にいれば感じますよ、子供は。
それをパソコンやテレビで体験したような気になって、リアル体験を知らないと本物が分からなくなる。他人を思いやる気持ちも中途半端になる。いろいろ弊害があると思います。

今回のエントリーで「良いな~」と思ったのは、ちぇん太さんともう一人の方で、前泊したこと。こういう経験は普段はなかなか出来ないでしょうし、特別な空間を共有することによって別々のところにすんでいる人でもなにか共感するものがあったんではないでしょうか。

いいですね、お互いに「おらほの祭りに来てくれ!」と誘いあえる仲というのは。

投稿: 103 | 2008年7月22日 (火) 18時47分

パリジェンヌさん、こんにちは

今回は、一番先に誘われたのが自分で、一人じゃ嫌だからと他の連中を巻き込んだだけ。裏方仕事は何も手伝わず、ただ神輿を担いだだけで、むしろ迷惑になったかもしれません。
ですので、申し訳ない気持ちもあって、ただただ外江の皆さんに感謝するばかりです。
ただ、祭やイベント好きなのは確かですね。けっこう喜んで出かけますね。
まぁ、つまり自分が愉しんでいるだけですからcoldsweats01 そんなに持ち上げていただくと、こそばゆいですsweat01

この祭、けっこう若い方が参加してましたよ。「いなせ」という感じでした。
子供達には確かにいい影響があるでしょうね。学校外で大人達に従って何かを成し遂げること。そこから得るものは大きいのではないでしょうか。自分たちもそうだったように思います。
直接注意や指導はしなくても、背中で子供達に教えられるような、そういう大人でありたいですねhappy01
それにしても子供達の元気なこと!あの暑い中走り回ってましたからねdashsweat01
やっぱ子供は外にでなくちゃsign01

写真ですが、僕は右側の体が傾いている方。首の向きが重さをものがたっている?(単に持ち方が下手なだけかもしれませんがcoldsweats01

投稿: ちぇん太 | 2008年7月24日 (木) 07時44分

10さん、こんにちは

子供たちにとって、学校で学ぶことだけが教育じゃないですよね。スポ小とか家庭で学ぶことも多い。
こういう地区の行事もそうですね、大人達の姿から学ぶことも多いでしょう。
そう考えると、ちょっと背筋が伸びる思いです。子供たちの手本になれるような大人になりたいですね。

前泊は先方からお誘いいただいたんですが、正直言うと抵抗がありました。「ご迷惑ではないか」と思いますから。
ですから、今回迎えていただいたIさんご一家には、大変よくしていただき、すごくありがたく感じました。前日の決起集会?にも参加させていただいて交流ができたので、前泊は良かったと思います。
せっかくお仲間ができたので、これからも両地区で交流していきたいですねshine
でも、あの神輿の重さを考えると、二の足が・・・sweat01

投稿: ちぇん太 | 2008年7月24日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Y.K.G | トップページ | Tシャツと定食 »