« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

やっちまった・・・

はぁ・・・
すいませんが、今朝はため息ばかりです。
昨日の浮かれようとはうって変わって、はて何事かと言えば・・・

昨日のジテツウの帰り道、チェンタウロ号でこけて、壊れちゃいました。
路側帯の狭い幹線道路を避けて裏道に入ったのですが、ここで誤って側溝におちてしまいました。ただ落ちただけならまだ軽かったと思いますが、落ちてその先で、勢い余って側溝の蓋に激突。
投げ出された僕は、擦り傷、切り傷は負ったものの大したことなく、しかし、チェンタウロ号はフロントフォークが曲がってしまいました。
フォークは多分交換しないといけないかなぁ、ヘッドチューブ近辺も大丈夫かどうか・・・
ジャイアントの取扱店が周りに少ないので、はてどうしようか、と悩んでおります。

それにしても、身代わりになってくれたのかなぁ・・・
チェンタウロ号よ・・・僕の不注意でこんなことになって・・・ごめんね。

また報告はしますが、ブログはしばらく休止状態になるかもしれません。
皆さまもお気を付けください。

| | コメント (10)

デジカメ購入

GWの例の計画に備え、デジカメを購入しましたnote

NIKONのP5100
またNIKONだよ。どうも、僕はNIKON派のようです。昔はキャノン派だったのにね。
このP5100もシブイ選択でしょ。地味だけど、カメラらしいデザインも○、機能も○、でしたので選びました。
ネットのユーザーの声でも評価が高かったし。
「反応が遅い」との話もありましたが、今までのに比べたら雲泥の差。全然気にならないです。

今まで使っていたコレも、画質など気に入ってたけど、いかんせん遅い、遅すぎるsign01
レンズキャップ付きだし、準備OKまで数秒かかる。ピント合わせも遅い。
風景を撮るには充分だけど、動くものが対象だとさすがにつらい。
でもまぁ愛着ありますからね、これはこれで手元に残して使っていく予定です。

数枚撮っただけですが、画質も良さそう。
それにしても、2GBのSDカードで600枚以上撮れるんですね。今までのは120枚くらい。ホント技術の進歩は・・・(遅れすぎsign02
これだと、いっぱい撮れるな~。GWの楽しみが増えましたhappy01

| | コメント (4)

桜は散っても

本日は降雨のため、車で出勤。
道沿いの桜もすっかり散ってしまいました。残りの花もこの雨で散るんでしょうね。
もう少し、桜を愉しみたかったなぁ、と惜しみながら、よく見ると緑葉が目立ちます。
そうなんですよね。桜が散れば、次は新緑の季節。
寒々としていた山々も、徐々に緑色が目立ち始めました。
これからは山の緑が楽しみですねhappy01

・・・てことは、次はヒルクライムかsign02coldsweats02

| | コメント (10)

FLIPFLAP 傑作の予感

当ブログでマンガの話題は初めてかなぁ。
不定期で購入しているマンガ誌があります。
それは、月刊アフタヌーン。
酔っ払った時に「おお振り」目当てで買うんですが(「おお振り」については別の機会に)

そんな理由で久し振りに買った今月のアフタヌーン。
そこで、すごいマンガに出会ってしまいましたsign01
ということで、今回はそのちぇん太が一人で大興奮しているマンガ「FLIPFLAP」を採り上げます。

作者は「とよ田みのる」さん、聞いたことなかったな・・・
絵は、うまいとは言えないかなぁ、ヒロインも「萌え」という感じでもないし、でも味はある。
うん、すごいあるsign01
線が太いんです。太い線の画はもともと好きなんです。
それと直線。定規は使っているだろうけど、微妙に歪んで見えます。わざとフリーハンドで書いてあるっぽいところもある。
ただ、それが手作りの良さ、みたいな味を出している。
この味のある絵、僕は好きです。

でも、この漫画をすごいsign01と思ったのは、表現力なんです。
どってことない、小さな出来事を、身震いするほど感動させる、その力に。
その場面を説明したいんだけど、理解しづらいと思うので、まずはストーリーの紹介。
といっても、僕も3話目しか読んでないから、中途半端だと思いますが・・・わかりづらかったらゴメンネ

「絵に描いたようにフツーな深町くんは、高校最後の日に思い切って山田さんに告白する。付き合うために山田さんの出した条件は、祖父の経営するゲーセンのピンボールマシンのハイスコアを抜くこと。
アメリカのピンボールエクスポに参加するため、深町くんは件のゲーセンで働くことに。そして半年後、深町くんは山田さん、イモリさん(店の常連のアンちゃん?)、山田さんの祖父の4人でエキスポに参加するのだった!」
ということで、今時レアなピンボールにからむ恋模様を書いたこのマンガ、この3回目はいよいよ参加したピンボールエキスポでの出来事が書かれています。

ハイスコアを記録したハイスコアラーの名前は「UFO」、しかし誰も(?)顔を知らない。
そのUFOさん、深町くんにとっては、見えない恋のライバルです。
山田さんと二人でミシガン湖畔を歩く深町くん、チャンスだ!しかし、UFOさんになぜこだわるのか聞いてみる深町くん。
そこで山田さんのせりふ。
「私はただ幸せになりたいのです。
私を震わせてくれるものを純粋に
楽しみたいのです。
UFOさんが見てるであろう”世界”を見てみたいのです。」
(こ、この女、ただ者じゃねぇsign01
そして、「UFOさんが好き」と言われてしまいます。深町、いと哀れ・・・weep

翌日、傷心の深町くん、一人で町のカフェへ。
そこでピンボールマシンを見つけます。それは例のハイスコアのマシンと同じです。
本場のハイスコアはどうなんだ、と見てみると、
(さぁここからがクライマックスですsign01
ハイスコアラーの名前は「UFO」!スコアもほとんど一緒。
これは同一人物と確信する深町くん、アメリカでの邂逅に運命を感じ、マシンに挑みますsign01
燃える深町sign01コインを入れる手に火花が散るsign01さぁスタートsign01

一方、深町くんを探す山田さん、イモリさんは、彼をカフェで発見。
その時、カフェは深町くんのプレイに沸きあがっていましたupwardright

イモリ「ゲ!なんてスコア出してんだ!!こりゃギャラリーもわくわ・・・」
山田 「違いますよ
    本気でやってる人間は、それだけで人を魅(ひ)きつけるんですsign03
(これまた名セリフ、つか山田さん、あなた本当は何歳なの?)

「素敵ですよー!深町さーん!」と呼び掛ける山田さん。
しかし、深町くんは「うるさい!」としか思わない。それだけ集中しているのだ。
でも、まだ足りない。
彼はもっともっと集中する。
「世界は俺とピンボールだけsign03
周りのモノはブラックアウトしていく。
ただ、ボールを追う深町。

そして極限の集中へ。
この一こまがすごいsign03
見開きで、黒のバックの真ん中に、色の反転したピンボールマシンと深町くん。
白抜きできらめく光が描かれ、他に音はなし、色もなし。深い静寂。
「・・・やっと
 やっと静かになった・・・」
周りに何もない、まさに彼とマシンだけの世界になっている。

次のページでは再び見開き。真ん中のマシンと深町くんの位置はそのまま。しかし、色が反転し周りも描かれ、そこに歓声が「ワアアア」と擬音で描かれる。
そう、彼はあの世界から帰ってきた。そして周りの盛り上がり!

すごいですsign03(僕の「一人、大興奮」もすごいですcoldsweats01 )
これ、そのまま動画にしたいです。
このままシナリオ、というか絵コンテになりますよ。
それぐらい、深町くんの辿り着いた境地、他に何も見えなくなるくらいの集中を表し、また、その場の興奮も伝えてくれる。
最後の歓声も、擬音がまるで本当に聞こえてくるようです。
これほど引き込まれるマンガも久し振り。
「うまいsign01」と思ったマンガも久し振り。
ホント、すごいsign03としか言いようが無いですよ、これhappy02

結局UFOさんのスコアには達しなかったので、まだまだ彼の戦いは続きますが、作者のとよ田さんには、これからもこのテンションで続けてほしい。
コミックが出たら、絶対買うsign01
とにかく大注目なマンガです。これから毎号買わなきゃ・・・

| | コメント (2)

ママチャリって快適なの?

先日、久しぶりにママチャリに乗ったんですが、スポーツバイクに乗り慣れた自分には、すっごく乗り辛く感じました。

分厚いサドルは、足を回転させるのにむしろ邪魔だし、湾曲したハンドルは普通に端を持つと前傾姿勢が取りづらく、突っ立ったような感じのポジションになります。
そして、分厚いタイヤに重い車体、
全然スピードを出してないのに疲れる~coldsweats02
こんなのちっとも快適じゃないsign01

今更ながら、スポーツバイクの車体、パーツの軽さ、使い勝手、そこから来るポジションなど、全ての要素が走りやすさ、快適さに直結していることが感じられました。
それと比べて、結局、ママチャリは頑丈さ、経済性だけなのかな?
こういう自転車が一般的である我が国では、自転車のマナー向上やルール遵守が進まないのも止むを得ないのかなぁ、と思った次第です。

| | コメント (6)

1周年

うかつにも失念しておりましたが、当ブログを始めたのが去年の4月5日。
何とか1年間続けることができました。
最初は誰かに見てもらうなどとは考えず、ただ自分のためだけを考えて始めたのですが、気付いてみれば多くの人にコメントをいただくようになっていました。
1年間続けられたのも皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。

この1年間を振り返ると、月並みな表現ですが、生活に張りができた、という感じがします。
自分にとっても、このブログの存在が、楽しみであり、生き甲斐の一つであった、と思います。
自転車に乗り始めて、味気なかった僕の生活が変わり、そこにブログがもう一つ喜びを与えてくれました。
時には更新が面倒くさくなる時もありましたが、それも含めて自分にとって非常に多くのことを学ばせてくれた1年だった・・・というのはちょっと言い過ぎsign02
でもすごく楽しかった1年であることは確かですshine
2年目も皆さんと楽しく語らっていきたいと思いますhappy01
これからも当ブログを見守ってくださいませconfident
よろしくお願いしますsign01

| | コメント (6)

花見ポタ(その2)

続きです。

宍道湖から市内を抜けて、千手院へ。
途中、県庁前で侍の格好をした人達とすれ違いました。
この日は、松江開府400周年の記念イベントで武者行列が行われていたのです。
報道によれば13万人が見物に訪れたとか。
僕は午前中、用があったので見れなかった、残念!

目指す千手院は、石橋町というところにあります。観光地でいえば、「武家屋敷」の裏手。
こちらを参考にしてください。

駐車スペースが少なく、訪れる人は遠くに駐車して歩いてくるようですが、自転車の僕はお寺の真下で駐輪。
こういうところも自転車のいいところですねhappy01

目当ては境内の枝垂桜なんですが、お寺へ登る坂道のソメイヨシノもきれいですcherryblossom
20080405020 20080405019
20080405018 20080405016

そして、境内に到着。
お目当ての枝垂桜は・・・おー、これは見事だsign01
20080405014 20080405013
20080405011 20080405009
20080405007 20080405001

他の桜もいい感じ。
20080405002 20080405003

境内から見下ろす桜と市街もいい眺めです(人が多くて近寄れませんでした)
20080405006 向こうに見えるのは松江城です。

ちなみに本堂はこんな感じ20080405008

ここは初めて訪れたんですが、すごく気に入りました。
小さいお寺なんですが、桜で覆われた感じで見事です。
満足して帰途につきます・・・って参拝してないじゃんcoldsweats02
紅葉もきれいとのことですので、次回は秋に訪れることにして、その時はきちんと参拝します。

走行距離は30kmちょっと、平均速度20kmとのんびりでしたが、いろいろ見られて満足なポタでしたhappy01
来週も桜を見たいけど、もう散ってるかな・・・gawk

| | コメント (4)

花見ポタ(その1)

土曜日は好天、絶好のポタリング日和。
午前中は家の手伝いをして、午後から花見ポタに出かけました。

まずは、いつものコース、意宇川沿いを行きます。
途中の川土手の桜と菜の花がいい感じです。
20080405002
この近くに住んでいる方を、うらやましく思いました。
僕なら、こんな晴れの日には、この桜の花の下でビールでも飲みたいところですhappy01beer
あー、気持ちいいだろうな~note

少し行って、神魂(かもす)神社と行くと、参道の桜がきれいです。
20080405
でも、今日は参拝はなし。
この神社も荘厳な雰囲気でいいんですが、ご紹介はまたにして先を急ぎましょうcoldsweats01

ここから八重垣神社まで、散歩道が整備されています。
小さな山を一つ越える、1kmくらいの道でしょうか。
名は「はにわロード」(ネットで調べたから正確には違うかも)。その名のとおり埴輪のオブジェが置いてあります。
山道という感じで雰囲気もいいです。
僕は自転車でピューっと越えちゃいますが、徒歩で行くのもいいと思いますよ。

まずは、小さな公園があります。
20080405001 20080405002_2
20080405003 20080405004
休憩所も古代の建物をイメージしてるのかな?

それから山を越えるのですが、小山という感じできつくはありません。
ところどころに休憩スペースもあるし、埴輪を探すのも楽しいです。
20080405005 20080405008
20080405009 20080405010

山を越えると、また休憩スペースがありますが、八重垣神社はもうすぐそこです。
20080405011 20080405012

なかなか楽しい道でしょ。松江を訪れることがありましたら、ぜひこの道を歩かれることをお勧めします。

続いては八重垣神社。休憩がてら参拝します。
20080405001_2
ここは、縁結びの神様として有名です。縁起などはこちらをご覧ください。
ここは「鏡の池」とか見所も多いですが、今日は花見ポタなので参拝だけにして先を急ぎます。
でも、一つだけご紹介しますね。
20080405002_3
中央にある句碑。
「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」と記されています。
これはスサノオノミコトが稲田姫を娶る時に呼んだもので、最古の和歌とも言われています。
このお二方は、確か日本最初の夫婦と呼ばれていますね。その時の歌なら確かに最古なんだろうなぁ。
ちなみに、神社奥にある「鏡の池」は参拝者は必ず立ち寄るであろう場所なのですが、僕はトラウマがあって、ちょっとパスcoldsweats01

続いて、宍道湖に出て休憩。ここも今回は通過点。
目指すは、桜の名所「千手院」sign01
ですが、今回はここまで。続きはまた今度。それじゃ、またねhappy01

| | コメント (2)

早春、花の便りポタ

昨日は勤務がシフトでジテツウできなかったので、早朝走りました。
朝トレとはいかない、早朝ポタ、という感じでゆる~く走りました。
揖宇川(ゆうがわ)沿いの桜はもうすぐ開花、という感じ。2、3日後が楽しみです。
その後、風土記の岡、神魂(かもす)神社、八重垣神社と走って、また帰りました。
まぁ、いつもの自転車散歩コースなんですけどねcoldsweats01
この、神魂神社と八重垣神社間の道は散歩道として整備されています。埴輪のオブジェとか置いてあったりして、なかなか面白いんですが、何故か写真を撮り忘れたので、紹介はまた別の機会に。

さて、その散歩道で花の写真を撮ったので、UPしますねhappy01

20080402006
朝の光のなか、野原の中にポツンとさびしく佇む、白い花の木。
何の種類かわかりませんが、面白いのでパチリ。

20080402004
これは梅かなぁ。

20080402002
わが愛車、チェンタウロ号を入れての1枚。
これも何の種類かわかりませんが、小さな土手に咲き誇ってました。
後ろに見える民家の方が整備されているのかな。
目の楽しみを提供いただいて、ありがたいです。

桜はようやく咲き始めな島根ですが、こうして花も楽しめて、ひんやりとした空気も気持ちよく感じられたポタでした。

| | コメント (4)

このメット、ちょっといいかも

今朝、日テレのズームインスーパーを見てたら、自転車便利グッズなるコーナーが。
そこで、紹介されたメット。
これがいい感じでしたので、ご紹介します。

パラソルメット」なるこのメット。
組み立て式で携帯も便利ということですが、それよりもすごいのは、普通に帽子に見えること。
西尾アナが被ってましたが、全然メットに見えません。いわゆるチューリップハットのようです。
しかし、叩いてみるとコツコツと音がする。確かにメットですね。
安全性はどうか、と思いますが、あまりスピードを出さない、街乗り用なら問題ないのではないでしょうか。
(どなたか、自転車用として問題ないか、検証してください)

以前に、ヘルメットのデザインについて、恥ずかしくないデザインで、ということで記事にしましたが、ちゃんとあるじゃないですかsign01
メーカーさんに拍手を送りたいshine

残念なことに、このヘルメット、防災グッズとしてネット販売されております。
う~ん、もったいないhappy02
安全面の確認ができれば、ぜひ自転車用として販売してくださいsign01

(20年5月19日 リンク切れのため、商品のリンクを製造元サイトに変更しました)

| | コメント (4)

写真がない

最近、画像の乗る率がめっきり少ない当ブログ。
カメラを持っているのに、何故か写す気にならない。
こういうのは、それを撮りたい!という気持ちがないってこと、周りのものに対する関心が薄れているのかも・・・think

これはいけない、これからは花見もあるし、いっぱい写真を撮るぞ~、と思っていたら、本日のジテツウで早速格好の被写体が。
雲越しに顔を出す夜明けの太陽。雲や山を茜色に染めて、「うわ~、きれいだぁ~happy01
写真に撮ろうと思ったら、何てことでしょうshock
カメラを忘れてる~weep

ちょっとへこんだ・・・
ブロガー失格ですな。反省。
明日からは常時カメラを携帯するよう気をつけます。

| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »