« 爆走!機関車仮面の巻 | トップページ | GWは岩国へGO! »

ハッピーデイズ

懐かしテレビ番組ネタをもう一つ。

僕らが小さい頃も海外製ドラマをよく放送していましたが、高校生の頃よく観ていたドラマがあります。
それが「ハッピーデイズ」。
テレビ版アメリカングラフティ、という触れ込みでしたが、実態はコメディでしたcoldsweats01
でも、ストーリーも破綻なく良く出来ていて、総じてこの時代の海外ドラマはレベルが高かったように思います(まぁ、選んで放送していたんでしょうけどね)
ちなみに主役のロン・ハワード氏は、現在は有名な映画監督です。

その「ハッピーデイズ」で、すごく印象に残っているエピソードを一つご紹介します。

あるダンスパーティーのパートナーが見つからなくて困っていたリッチー(ロン・ハワードね)
仕方なく悪友の紹介してくれる女の子とパーティーに行くことにしますが、当日その子と会ってみると自分より10cmは背が高そうなのっぽさん。
今更断る訳にも行かず、二人でパーティーに出るのですが、好奇の目で見られ、悪友たちにはひやかされ、ダンスもうまく踊れず。
いたたまれなくなって外に避難する二人。
申し訳ないと誤る彼女。
リッチーは、彼女の抱えるコンプレックスと、彼女の優しさを感じ、そして彼女の本当の魅力に気付きます。
「彼女をリードするのは僕」だと思い直したリッチーは、パーティー会場に戻り、彼女をリードして見事ダンスを踊るのでした。

・・・てなストーリーだったと思います。
見かけで人を判断しちゃいけないな、と思わされるエピソードでした。

このドラマ、コメディでしたので、大抵は笑って笑って終わり、だったんですが、たまにこういうエピソードも入れてくるから油断できなかったですcoldsweats01

|

« 爆走!機関車仮面の巻 | トップページ | GWは岩国へGO! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爆走!機関車仮面の巻 | トップページ | GWは岩国へGO! »