« ボウリング大会 | トップページ | 小さいことにくよくよするな(その2) »

小さいことにくよくよするな

Photo
数年前にベストセラーとなった本ですが、その時は食指が動かず、文庫化されたのを機会に読んでみました。
ストレスまみれの中でストレスに潰されずに生きるこつが書いてありますし、嫌な人への対応などに参考となる部分もあって、今の自分には大いに有益でしたhappy01
一つ一つの項目が短くて、前後の話と独立しているので、途中からでも、少しずつでも、読める点は、内容ともマッチして非常にいいと思います。
ストレスで大変な思いをしている方にはお勧めです。

自転車で走るのも、ストレス解消や気分転換に非常に有効ですねspa
自分はこういう趣味に巡り合えて幸せですhappy01

|

« ボウリング大会 | トップページ | 小さいことにくよくよするな(その2) »

コメント

ちぇん太さん、こんにちは。
ストレスに近い言葉に「緊張感」という言葉がありますね。この違いはイロイロと説明できるように思います。ひとつの説明が「緊張感」が嵩じてイヤなものになった場合、それが「ストレス」だ、というものです。厄介なもので、或るレベルまでは肯定、そのレベルを超えると否定、となる。で、そのレベルが、自らの立場からは制御できない、ことが多い。結局、ストレス意識への閾値を上げるか、避けるしかないのかもしれません。
この本には、もっといい対処法が書かれているのでしょうか。

投稿: サスケハナ | 2008年2月20日 (水) 16時07分

小さいことクヨクヨします、私・・・
自分でも嫌になるくらいクヨクヨします・・
そのくせ絶対に人の気取られない様に普通に振舞っちゃう癖があり、内面の懊悩と表の明るさのギャップでさらなるストレスを抱え込んでしまい、ずっと胃潰瘍で通院したり入院したりを繰り返してました・・
でも、自分の体をギリギリ極限状態まで追い詰めるほどのハードなマラソンに出会ってから、何だか全てがちっぽけなことのように感じてきて、上手にストレス発散できるようになりましたねgawk
これでストレス解消出来なかったら、確実に鬱病になってただろうな・・なんて思います。
この本、是非とも参考にさせて頂いて読ませて頂きますねgood

投稿: パリジェンヌ | 2008年2月20日 (水) 17時19分

う~ん、ストレスってなんでしょうね?

なんでも前向きに考える人にとっては、多くの人にとってストレスとなるものがひとつの喜びになるのかもしれないし、身体を疲弊させると精神が強靭になっていくような気もするし。

だ・か・ら・ オレは自転車に乗って、ロックを聴いて、キングを読みまくるのだ~!

投稿: 103 | 2008年2月20日 (水) 21時58分

 ちぇん太さん、こんばんは、KAKAPOです。
 そう言えば、家にもあったなぁ~と思って、本棚から引っ張り出してきましたが、何故かよんだ形跡がありませんでした。
 今度、読んでみます^^;

投稿: KAKAPO | 2008年2月21日 (木) 23時41分

サスケハナさん、こんにちは

「緊張感」と「ストレス」、僕も調べてみましたが、うーーん、難しいwobbly
僕は昔から「緊張しぃ」の「あがり症」だったのですが、この年になって、ようやくそれなりに対処できるようになった感じがします。この本の内容はなるほどと思わせるものが多く、また自分の対処法と同じようなものがあり、参考になると思います。
とはいえ、記事が短く説明不足でしたね。次回記事で補足説明する予定ですので、そちらも参考にしてください。

投稿: ちぇん太 | 2008年2月22日 (金) 12時30分

パリジェンヌさん、こんにちは

自分も小さなことにくよくよしました。どちらかというとネガティブな性格で、年と経験を重ねて徐々に対処法を身に着けた、という感じでしょうか(本質は変わってないと思います)
この本、値段も手頃だし、読み易いのでお勧めです。次回フォロー記事を書きますので、そちらも参考になさってください。

投稿: ちぇん太 | 2008年2月22日 (金) 12時36分

10さん、こんにちは

ポジティブでうらやましいhappy01
ストレスをエネルギーに変えて頑張れるなら、こんな本は要らないっすね。
自分も自転車で頑張りますsign01

投稿: ちぇん太 | 2008年2月22日 (金) 12時42分

KAKAPOさん、こんにちは

さすがに購入済みでしたかcoldsweats01
読まれたら、また感想などブログにアップしてくださいねhappy01

投稿: ちぇん太 | 2008年2月22日 (金) 12時45分

ちぇん太さん、こんにちは、KAKAPOです。
 私は、一つの本を読破してから次の本に移るのではなくて、常時複数の本を併読するというPlayBoy読書法?を実践している関係で(単に、その時の頭の状態に合った難易度の本を読んでいるだけなのですが…)、一つひとつの読むスピードが遅いのですが、それでも少しずつ読み進めています^^; 一つひとつのテーマが短くて、文章も優しいのに、そこで紹介されていることを実践すると、確かに落ち込んでいる場所から生還できるような気がします^^ ちぇん太さんが紹介してくださったので、再度手に取ることができてよかったです^^

投稿: KAKAPO | 2008年2月23日 (土) 12時21分

KAKAPOさん、こんにちは
playboy読書法、すごいですねwobbly
僕の場合は、何か思い込みがあるんでしょうが、1冊読み終えないと、次に進めません。
おかけで書棚に読んでない本がずらりと並ぶという状態にweep
この方法、参考にさせていただきますhappy01

投稿: ちぇん太 | 2008年2月24日 (日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボウリング大会 | トップページ | 小さいことにくよくよするな(その2) »