« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

春は近いか?

今朝、6時40分過ぎ、電車に乗ろうと自宅を出たところで気がつきました。
「随分、明るいなぁ」って

ここしばらく悪天候が続いたので、こんなに夜明けが早くなっているとわかりませんでした。
雪もところどころ残っているし、氷も張ってるけど、もう2月も終わり。
そろそろ、春の兆しも見えてくるかも。

どうやら来月からジテツウも再開できそうです。
準備しとかなきゃwink

| | コメント (10)

むーしゃむーしゃていせいー

前の記事の訂正。

ダウンロードできるのは着メロで、着うたは提供されてないらしいです。
着メロならダウンロードしたよー(なぜか自慢げ)
着うたも提供してくだされsign01ケンタッキーさま、いや、カーネルおじさんsign01

| | コメント (0)

ムーシャムーシャシアワセー

むーしゃむーしゃしあわせーnoteshappy01

今さらですが、KFCのCMのこの歌が好きです。
別にケンタの回し者でもないし、加藤ローサ嬢も特段好きというわけでもないですが、
この歌はじわじわーと浸透してきて、今や一番お気に入りになりました。
あのCMも、この歌(ムシャムシャソングというらしい)だから、あんなに美味しそうに見えるんだと思います。

着うたがダウンロードできたらしいのですが、もうサービスは終わったとか、
うーん、残念crying

食事している時に、脳内であの歌を思い出してみました。
美味しさを感じる度、当社比50%UPupwardrightでしたっsign01happy01


むーしゃむーしゃしあわせーnoteshappy01

| | コメント (0)

カジノドライブ

ブログをご覧の皆様にもコメントをいただいた1月末の資格試験ですが、どうも不合格のようですweep
半分の科目は合格していそうなので、1年後に残りの科目を受験することになりそうですが、不甲斐ないですね。
加えて、最近忙しいこともあり疲れ気味だったのですが、久し振りに痛快なものを見ました。

土曜日の京都4レース、ダート1800メートル新馬戦。
馬券はあまり買いませんが、お馬さんは好きなのでレースはよく観ますhorse

勝ち馬は、カジノドライブという馬です。
ちなみに馬名から、レッドウォリアーズを思い出したあなた・・・古いね~bleah
でも僕も好きですよwink

藤沢厩舎のこの馬、半兄、半姉が昨年、一昨年のベルモントステークス(アメリカの3冠レース)を連覇中ということで、陣営はこの新馬戦の後はアメリカへ遠征するそうですが。(詳しくはスポーツニュースを見てください)
両血と騒がれてましたが、ここのところ期待はずれの馬が多いから、どうかなと思っていたら・・・

これがまぁ、ぶっちぎりの大差勝ちsign01
スタート直後から、能力の違いで先頭に立ちます。形は逃げだけど、このスピードの差じゃ先頭も止むを得ないという感じ。他馬は必死に足を動かしているのに、この馬は軽く流している感じですからね。
他の馬もなんとか付いてきていたけど、最終コーナーで武騎手がちょっと合図を送っただけで突き放す。
最後のストレートでは、2位以下は思いっきりムチが入っているのに、持ったままでどんどん差を着けていきます。カメラも、思いっきり引かないと1位と2位が収まらない。
結局、2位に2秒以上の大差勝ち。
(ちなみに「カジノドライブ 新馬」でググると、YouTubeの動画がヒットしますよ)

最近は抑える競馬が多いから、こんな大差勝ちというのはなかなか見れません。
僕も思わず笑っちゃいました。
とにかく痛快という言葉がもっとも似合うレースでした。
嫌なことも吹っ飛んじゃいましたhappy01

| | コメント (2)

冬の夕日

先週の大雪の翌日にバスから見た真っ赤な夕日がよかったので、別の日、飲み会に行く前に歩きながら撮った夕日です。

Dscn1236 Dscn1237

歩いているうちに、太陽が顔を出しました。
観光のお姉さん達が、「うわ、奇跡的!」とか話しているのが聞こえました。

Dscn1242 Dscn1243

そしてまた、お日様は隠れてしまいました。

Dscn1247

おしまいhappy01

| | コメント (0)

小さいことにくよくよするな(その2)

前回の記事は随分簡単に説明してしまったので、フォローアップ記事です。

さて、ストレスとは何でしょうか?
定義としては、「外界の刺激に対する生体の反応」ということになるようです。
本来、「ストレス」とはこの反応のことで、「ストレス」をを与える原因となる刺激のことを「ストレッサー」というそうですが、現在の日本では「ストレッサー」もストレスと呼ばれていますね。(このサイトなど参考にしてください)
ストレスには人を活性化させる良いものもありますが、人に悪い影響を与えるものもあり、僕たちを悩ませるものも悪いほうですね。
残念ながら、生きている限りストレスとは付合い続けなければなりません。
となれば、悪いストレスに対する方策を取る必要があります。
それは例えば、耐性を高めること、あるいは良いストレスに変えるような心の変換などが考えられます。

緊張についても調べてみました。
「緊張と言うのは医学的にいうと、アドレナリンというホルモンの分泌だそうです。アドレナリンの分泌による主な特徴は、心臓興奮、血圧上昇、気管支拡張などで、それにより呼吸が多くなり、顔がほてるなどの症状が現れます。これは、脳が速い決断を下すために空気をたくさん取り込んで、脳へ新鮮な酸素を供給するためとのことです。本来,アドレナリンは体を活動的にさせるよう作用するものなので,アドレナリンの分泌が適度であれば,体の動きはすばやくなるし,脳の回転も速くなります。 」
「緊張が高すぎるとアドレナリンが過剰に分泌されてしまうので、ドキドキ感がひどくなり、のどが渇き、体も硬直してしまいます。これでは,頭がうまく働かず,言葉もスムーズに出なくなり,シドロモドロになるのは当然です。」
(こちらのサイトから引用しました)
つまり、「緊張」は「ストレス」の一つの現れということが言えそうですね。適度な緊張はいいけど、過度な緊張は悪い影響を与えますね。

僕の場合、昔から過度に緊張し反応する、いわゆる「あがり症」というもので、それが高じて消極的な性格になっていました。
それを徐々に克服したのは、「慣れ」と、「大したことじゃないさ」と自分に言い聞かせて落ち着かせることができるようになったことからだと思います。
もちろん、今でも根本的なところは変わっていませんが、このような気持ちを楽にさせる方法をいくつか身に着けたのが大きいと思います。

この「小さなことにくよくよするな」を読んだ時、まさに自分がやってきた方法、考えと同じことが書いてあるのに驚きました。この本が最初に刊行されたのは今から10年前くらいのようですので、内容を何らかの形で吸収したかもしれませんね。

この本には、緊張に対処する方法も、ストレスを良いものに変えていく方法も書かれています。
自分が「ストレッサー」にならない方法、つまり穏やかに生きる方法、とでも言うべきものも書かれているように思います。
もちろん、ストレスへの耐性に個人差があるように、全ての人に受け入れられる訳ではないでしょうが、この本には100の項目がありますから、どれか一つは「なるほど」とか、「やってみたい」と思う項目があるのではないでしょうか。

参考までに、項目のタイトルをいくつか挙げておきます。

・完璧な人なんて、つまらない
・死んでも「やるべきこと」はなくならない
・たいていは相手が正しい
・ストレスに強い人はストレスが増える
・「人生は非常事態でない」ととなえる
・批判は受け止めれば消えていく
・いま、リラックスする
・日頃のこころがけがその人をつくる
・人のせいにするのを止める
・自分のために時間をつくる
・今日が人生最後の日だと思って暮らそう

などなど他にもありますが、紹介はこの辺で。興味を持たれたならば、ご一読ください。

ところで、この本の中に「自分の葬式に出ているところを想像する」とありますが、これって「七つの習慣」のパクりsign02
他にもコヴィー博士の名前が出たりしてますので、「七つの習慣」の影響のもとに書かれたことは間違いないと思います。
「七つの習慣」については、またどこかで取り上げたいと思います。

| | コメント (2)

小さいことにくよくよするな

Photo
数年前にベストセラーとなった本ですが、その時は食指が動かず、文庫化されたのを機会に読んでみました。
ストレスまみれの中でストレスに潰されずに生きるこつが書いてありますし、嫌な人への対応などに参考となる部分もあって、今の自分には大いに有益でしたhappy01
一つ一つの項目が短くて、前後の話と独立しているので、途中からでも、少しずつでも、読める点は、内容ともマッチして非常にいいと思います。
ストレスで大変な思いをしている方にはお勧めです。

自転車で走るのも、ストレス解消や気分転換に非常に有効ですねspa
自分はこういう趣味に巡り合えて幸せですhappy01

| | コメント (10)

ボウリング大会

日曜日は我が町のボウリング大会、僕も地区代表選手として出場しました。
なんて言うとカッコいいですが、他に人がいないから声がかかっただけ。
でもまぁ地区代表だからと頑張ろうと思いましたが・・・

スペアはよく取れましたが、ストライクが出ないwobbly
こうなるとスコアはあがりません。
結果は2ゲームで250余りweep
足を引っ張ってしまったかも・・・

まぁ終われば慰労会、気分を変えて楽しみますcoldsweats01
大雪のなか、昼過ぎから夕時までしっかりやりましたbeer

さて、これから僕は飲み会ラッシュsign01ますますダイエットから遠ざかってしまうぅshock
来月からは自転車通勤を再開したいなぁ。

| | コメント (2)

雪道を歩く

昨日は当地も久しぶりの大雪でした。
そのため、本日はJRと歩きで出勤。

雪道を歩くにはそれなりの歩き方があります。
普通はかかとから下ろす足を、全体的に下ろします。足全体で踏みしめる感じですね。
さらに小さい歩幅で歩くのがよいとされます。慣れてくるとそれなりに歩幅を大きくできますが。
早くは歩けませんが、それなりに力を入れて歩くので、運動強度は結構あります。暖かい格好をしているので、通常より短い距離を歩いても汗ばむくらいです。

寒いのが苦手な人は嫌だと思いますが、僕は雪道を歩くのは結構好きです。
新雪をサクサク踏みしめて歩くのも、堅くなった雪をバリバリ踏んで歩くのも、どちらも楽しいですよhappy01
ただ溶けてビチャビチャになった道を歩くのは嫌ですけどhappy02

| | コメント (4)

自転車の消費カロリー

僕の場合、自転車の目的の一つはダイエット。
不真面目ライダーなので、なかなか結果がでませんがcoldsweats01

今までも乗るたびに距離や平均速度など記録をつけてましたが、今年からダイエットの参考として消費カロリーもつけることにしました。

簡単な方法ですが、消費カロリーは次の計算式でおよその値が求められます。

消費エネルギー(kcal)=体重(㎏)×METS数×運動時間(時間)

ここで問題となるのが、METS数という係数で、これは運動の種類や強度などで決まるようです。
では自転車のMETS数はどれだけなのか、と調べてみましたが、なかなか見つからない。
この手のサイトの殆どが「自転車(時速16km以下)」って、ママチャリばかりじゃないですから!スポーツバイクに乗ってる方は、だいたい20km以上の平均速度で走ってるよ!
結局、平均時速20km以上のサイクリングのMETS係数を示しているサイトはわずかでしたよ・・・スポーツバイクの認知度はまだまだ低いのかOTL

さて、平均20kmでのMETS係数は「8」とのこと。ちなみに16kmだと「7」だそうです。ご自分のMETS係数を考慮される際のご参考にしてください。
僕の場合、平均速度は概ね、21~23kmくらいということで、METS係数は「8」にしました。

これを計算式に組み込んで、EXCELの記録シートで消費カロリーも計算できるようにしました。
体重を毎回量るのがちとメンドイですが、
楽なダイエットなど無いのじゃangrypunchぐわんばれsign01

ということで、冬を越したら頑張りま~すbleah

| | コメント (6)

「手帳ブログ」のススメ

Photo ブロガーの皆さんは、ブログを始める際に何を参考されたのでしょうか?

僕の場合、実際のブログと、この本「手帳ブログのススメ」です。
著者の大橋悦夫さんは、「シゴタノ!-仕事を楽しくする研究日誌」というブログ(というかサイト?)を運営されておりまして、僕もそのブログを見て、この本の存在を知り購入した次第です。

この本の紹介文を引用すると、
「ブログを手帳的に「第2の頭脳」として活用するためのアイデアやヒントを紹介。「記録する」「読み返す」「やってみる」「習慣をつくる」のブログの4つのサイクルが、ビジネスの成功や夢の実現へとつながります。 」
となっております。

ただ、僕は仕事に役立たせよう、という意識は殆どありませんでした。
この本で僕が得たのは、「ブログは自分のためでもある、自分が書きたいことを書けばいい」こと。そして「少しずつでいいから続けること」でした。
それまではブログを始めようと思っていても、立派なものをつくろうと肩に力が入っている状態で、なかなか始めることができませんでしたが、この2点の意識の変換が、「とにかくやってみよう、別に誰かに見せなくてもいいんだし」という気持ちへの変化をもたらしました。
そして、このブログを始めたわけです。

この本は読み手の意識によって捉え方も違うと思いますが(殆どの本がそうでしょうけど)、ブログを始めるヒントとして役に立つのではないか、と思います。もちろん「仕事に役立たせること」の参考にもなると思います。
ブログの基礎知識や、始め方、続け方もちゃんと書いてありますので、これからブログをやってみたいと思っている方にお勧めです。

| | コメント (5)

不思議なサドル

僕がよく利用する「サイクルベースあさひ」さんのブログで、不思議なサドルが紹介されてました。

これです。

なんじゃ、こりゃ、前の部分がありません。
「痛みを解消!
そして理想的なペダリングが実現できる画期的なサドル」
確かに、そうかも。
足の回転も、抵抗するものが無いのでよさそうだし。

ちなみにあさひさんのブログには動画もあります。
わはは、面白れ~happy01

しかし、いくら「画期的!」とかが好きな僕でも、ちょっとこれは抵抗あるなぁ。
街中で使ったら、思いきり不思議そうに見られそう・・・
どなたか試してみませんかsign02

| | コメント (8)

もんもん・・・

タイトルはその筋の方の背中にあるものではありません、念のためcoldsweats01

本日はこの時期には珍しい晴天、風もなく、寒くなく、絶好の自転車日和sign01
なのに僕は諸事情で某所へ(何かは聞かないでね)
指をくわえて空を見上げています。悶々としてますbearing
仕方ないのでやることをやるだけですが、それにしても走りたいsign01
この天気を来週にまわしてほしかったなぁ・・・

| | コメント (0)

鍵を使ってみた

先日の出張で買った鍵を試してみました。

20080210_001

使い方は簡単でしたnote
ワイヤを伸ばして、本体の穴に通すだけ。
穴は2つあるので、2箇所でロックできます。

収納は、はずしたワイヤを巻き取るだけ。
これも、赤い部分を回していくだけです。
この時ワイヤが跳ねて顔などに当たらないよう注意が必要ですが、気を使うのはここだけ。
本当に簡単です。

携帯性はどうだろうと、今までの鍵と並べてみました。
20080210_002
(最初の鍵はどこかへいっちゃいました)
こうすると小さいことがよくわかります。ポケットにも入りますから、荷物にならない。
自転車に乗る時は少しでも荷物を少なくしたいですから、これはいいですね。
携帯も便利で今回は当たりsign01な買い物でしたhappy01

| | コメント (2)

ココログさんも頑張った!

お気づきの方もいるかと思いますが、ココログでも絵文字が使えるようになりましたsign01
携帯のメールなどで使うあれですね。
パリジェンヌさんのブログにコメントする時にうらやましく思っておりましたが、遂にココログでも使えるようになったんですね。
実は、「絵文字を使えるようにしてくれ」と要望として記事にアップするつもりだったんですが、先に実行されたのはエライsign01と素直にココログさんを褒めたいと思います。
種類はまだまだ少ないですが、今後に期待したい。
ココログさん、我々ユーザのためにも、これからも頑張っていいブログにしてくださいhappy01

| | コメント (4)

クランクについて考えて

皆さんご存知のとおり、自転車のクランクは左右対称になっており、乗り手は左右の足を交互に回転させて推進します。
これは我々にとって当たり前のことですが、かつて現在のような推進構造を持つ自転車を初めて考えた人は、このような構造をすんなり思いつかれたのでしょうか。
おそらくは色々と試行錯誤をされたはず。

例えば、左右同じ向きのクランクなんてのもあったかもしれない。(図解付じゃないから解りにくいかな)
この場合、左右の足を同時に回転させる訳ですね。
イスに座ってやってみました。何というか、バタフライ泳法のような動きですね、そしておそろしく不安定で、やたらと腹筋を使う。(新しいトレーニングか?)
これは、安定しないから二輪では無理でしょうね。
このような自転車と、それに乗って公道上を走る自分を想像してみましたcoldsweats01
激しく滑稽であります!思いっきり笑っちゃいましたhappy02

自転車が今の形でよかった!
我ながらバカバカしいことを考えるなぁ、と思いました。

| | コメント (2)

出張でお買い物

2日間の東京出張から帰ってきました。
最後は早めに仕事が終わったので、飛行機に乗るまでの時間でお買い物。
上野のODボックスさんへ行ってきました。

ひと通り店内をまわりましたが、今回購入したのはライトとカギ。
ライトはすでに2つ着けているのですが、もっと明るさが欲しいのと、ブラケットがビシッと固定できないのが不満なので、もう一つ。
さーて、どのくらい明るくなるでしょうか、楽しみです。
カギはこれ
今までのは、性能的には文句はないものの、かさばるので持ち運びに悩んでましたので、コンパクトなものを買いました。

久しぶりにショップに行きましたが、「初心者にお勧め!」なロードバイクが多数展示してあって、目の毒でした(^^ゞ
アルミやクロモリのフレームならそんなに高くないし、欲しくなっちゃった(^_^;)

| | コメント (6)

「エジソンの母」が面白そう・・・

僕は意識してテレビを見ることは、スポーツ中継を除いて殆どないのですが、この冬、続けて観たいドラマに出会いました。

TBS系で金曜の10時から放送している「エジソンの母」というドラマです。(あらすじなどは公式ホームページで)
僕が面白いと思ったのは、未来のエジソン(?)の男の子の発想です。周りの子供たちが「小さい大人」みたいな発想をするのに対して、この男の子の考えのユニークなこと!楽しくなります。

これを観ていて開高健の「裸の王様」という小説を思い出しました。この中でも、引きこもり気味の少年が書いた絵が独創的で非常に印象に残りました。(この本はお勧めです。興味をお持ちの方は是非ご一読ください。)

男の子の発言や行動によって、いわゆる学級崩壊も引き起こされたりしますので、きちんとしつけるべきだ!という考えもあると思います。
確かにしつけも必要ですが、大人社会に毒され、大人の顔色を伺って生きる子供が多いなかで(そういう子供も否定はしませんが)、ユニークな発想を持つ、この子供の行動は非常に痛快で面白い。
賛否両論あるでしょうが、面白く、なおかつ考えさせられるドラマだと思いました。

| | コメント (6)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »