« 初詣、初走行 | トップページ | フェラーリの自転車 »

感じ入った言葉

日曜付けの地方紙にエッセイストの伊藤礼さんの記事が乗ってました。
伊藤さんは、70歳を前に自転車に目覚めたサイクリストで、記事は伊藤さんの自転車ライフについてのもの。

その中で、印象に残った言葉がありました。
「若いアスリートのようにスピードや走行距離で充実感を得る年じゃない。」と語った後に、

僕らはやっぱり走る時間の内容の濃さ。自転車に乗ってるつもりで、実は時間に乗ってるんですよ。

うーん、これはお年を召した方だからこその言葉ですね。感じ入りました。
年を取ったら、こんな風に自転車に乗っていたいものです。(もう年ですが)

不勉強で伊藤さんの本は未読でしたが、読んでみたくなりました(^。^)

|

« 初詣、初走行 | トップページ | フェラーリの自転車 »

コメント

この言葉の意味、とっても感じ入りました。
私もそろそろこんな言葉のように進んでいきたいと思ってる矢先でした。
レースに出てがむしゃらに走ってタイムを競うのもそろそろ疲れてきた昨今。
新春の初レースを最後に記録更新やら何やらを一切やめようと思ってました。
のんびりとカメラ片手に走るのもいいな・・なんて思うようになりました。
自転車でポタポタしたりして季節を感じたり、時の緩慢な流れの中に身を委ねたり・・
そんなゆったり人生を過ごしてきたくなりました。
そして、あとは山登りをしたい!
知り合いの50代の男性がマラソン、自転車、トライアスロンとやられてきて、今は山に魅せられ、成人した息子さんと世界各国の山々をのんびりとのぼられてるのですが、お話聞くたびに感慨に耽ってます^^
ゆるやかで穏やかな人生の中で慰安とゆとりのある心を持って生活していきたいですね。

投稿: パリジェンヌ | 2008年1月 7日 (月) 23時05分

パリジェンヌさん、コメントありがとうございます。
ほんと、いろいろ考えさせられる深い言葉だと思います。
一言ではとても言い表せないですが、「楽しむ」ことができればいいなと思いました。
僕も「楽しんで」いきたいなぁ。

山登りですか・・・高所恐怖症の僕にはどうも・・・高い山の登山風景をテレビで見るだけで、足がすくむ感じになるくらいですから(*_*;
僕は低い山しか無理なようです(^^ゞ

投稿: ちぇん太 | 2008年1月 8日 (火) 08時19分

ちぇん太さん、おはようございます。
伊藤礼さんの「こぐこぐ自転車」買いました。
冒頭から、その感受性、言い回し、とても楽しいです。
私も、Blogで、私なりの感受性、言い回しで、
お客様を楽しませられるようになりたいと思います。

投稿: KAKAPO | 2008年1月11日 (金) 07時01分

KAKAPOさん、こんにちは。
「こぐこぐ自転車」買われましたか!楽しそうですね。
僕も買いたいけど、近所の書店に在庫なし。図書館にもないそうで・・・後はアマゾンか?
今もKAKAPOさんのブログは楽しいと思いますが、一層楽しくなるといいですね。期待してます(^。^)

投稿: ちぇん太 | 2008年1月11日 (金) 12時40分

ちぇん太さん、おはようございます。
結局私が、しっかり読んだのは、「自転車が順繰りに増えて六台になった話」だけでした。この部分は、私にとってのツボで「抱腹絶倒」の面白さでした。他の部分も、鋭い感受性と、自虐的なくだりで面白い部分も多く、家内に読み聞かせしたりもしたのですが、地名を調べてまで入り込もうという気になれず、斜めに読んでしまいました^^;

投稿: KAKAPO | 2008年1月13日 (日) 08時53分

KAKAPOさん、感想までありがとうございます。
僕は来月購入して読もうと思います。KAKAPOさんのコメントでますます楽しみになってしまいました(^・^)

投稿: ちぇん太 | 2008年1月14日 (月) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣、初走行 | トップページ | フェラーリの自転車 »