« 短髪礼賛 | トップページ | 「医師がすすめるウォーキング」 »

自転車ヘルメット・デザイン考

KAKAPOさんのブログでヘルメットのことが話題になってましたので、僕も考えてみました。

さて、当ブログでは、スポーツバイクに乗るならヘルメットを被りましょう、と呼びかけております。
さすがにロードレーサーに乗る方はだいたいヘルメットをちゃんと被っているようですが、街中で見かけるマウンテンバイクやクロスバイクに乗る人は殆ど被ってません。
そもそも安全を考えるなら、全ての自転車にヘルメットは必要でしょう。
ところがヘルメットを被る人が増えないのは何故でしょう?
マスコミの扱い(ノーヘルで自転車に跨っている写真が多い、しかも自転車雑誌でも)も一因と思うことがありますが、いま思うのは、ヘルメットそのものについて。

実は自分も未だにヘルメットを被るのが気恥ずかしい。
これはヘルメットのデザインのせいもあるのではないかと、思うんです。

現在主流のヘルメットはこういうタイプ↓
Regas26 (OGK社のリガス、僕も使ってます)

レーサーレプリカとでもいうのでしょうか。ロードレーサーにガシガシ乗る方用が主流になってます。
自分はあまり長距離を走らないゆる~いサイクリストですから、こういういかにもなデザインはどうも恥ずかしい・・・
多くの初心者の方には、こういうデザインもヘルメット着用のネックになっているのではないでしょうか。

例えば、カスクなどはどうでしょう?
Over_red  Casque4
(写真はRinprojectさんの製品)

まだ抵抗があるかな・・・

Img10551088274
こ、これは・・・(^^ゞ

このように、ヘルメットのデザインそのものが、ある意味着用の妨げになっているのでは、と思います。
せっかく自転車も盛り上がっているのですから、安全面で後退しないようにヘルメットもぜひ被っていただきたい。

そのためにも、抵抗感無く被れるヘルメットの登場を強く望みます!
最近は色々なメーカーが自転車用品に参入しているようですが、こういうメーカーでは、実際サイクリストの社員さんが商品企画されたりするケースもあるようで、ユーザー目線での商品開発を期待したいですね。
頑張ってください!

|

« 短髪礼賛 | トップページ | 「医師がすすめるウォーキング」 »

コメント

ちぇん太さん、こんばんは。
ナイス・エッセイ、同感です!
わたしも一般道でのヘルメットは恥ずかしい。快調に飛ばしている時はまだいいのですが、交差点や歩道などでは、周りの視線が気になります。
なぜかと考えてみますと、ヘルメットの「奇をてらったような」、「目立ちたがりのような」、「年甲斐も無く(これはシニアの私だけ)」、と思われる色・形状の問題のようです。
これをブレークスルーするには、①デザイン開発する、②みんなが使って当たり前にする(「常識」は論理ではなく、多数である)、この二つしかありません。
①と②、各々に課題がありそうですね。

投稿: サスケハナ | 2008年1月21日 (月) 21時19分

ヘルメットはロードには必需品ですね。
被ってないと怖くて私は乗れません。
でもMTBは確かに被ってない方が多いです。
思えば小中学生でも被って乗るのが義務付けられてるから、被るのは当然といえば当然。
軽くて頼りなげですが、それが転んだ時に衝撃で割れるようになっており、それがかえっていいそうですね。
今後、自転車の規則も厳しくなるでしょうから、きっとあらゆる自転車を乗るときに義務付けられるでしょうね。

私・・個人的にドラエモンのヘルメット気に入りました。
今度、被ってちぇん太さんに会いにいってみようかな^^
他人の振りは厳禁ですよ~^^

投稿: パリジェンヌ | 2008年1月21日 (月) 22時19分

ちぇん太さん、おはこんばんちわぁ~微妙な時間です^^;

仰る通りだと思います。ヘルメットメーカーは、売れ筋商品の方向性で競合し、
せっかくのビジネスチャンスを逃しているような気がします。

それぞれのカテゴリーにマッチしたデザインのヘルメットを提案して欲しいものです。

因みに、サスケハナさんは、ヘルメットが似合いますよ^^

投稿: KAKAPO | 2008年1月21日 (月) 23時10分

ちぇん太さん、おはようございます。

この話題、グッドです!

自分はヘルメットに助けられたクチなのでデザインは二の次だと思っています。しかし、もっと一般的なデザインのヘルメットが増えることも希望します。加えてもっと価格も下がって欲しいな、と。

それとサスケハナさんのコメントにあるように、ヘルメットを被る人が増えて「多数派」となる必要があると思います。従って、我々もしっかり被って機会があれば注意を促すことも必要かも。

ちなみに私は手賀沼を走っていてノーヘルのライダーとすれ違う時は、わざと大きな声で挨拶したりしています。一歩間違えるとイヤなオヤジですね〜

投稿: 103 | 2008年1月22日 (火) 07時23分

サスケハナさん、コメントありがとうございます。
僕もサスケハナさんのご意見に同感です。

>「目立ちたがりのような」
僕の場合はこれですね。
ヘルメットやウェアは、認識されやすいよう目立つものにする、といいますが、普段から目立つ格好をしていない人間には、すごく恥ずかしいものです。
例えば、何でヘルメットの後ろはとがっているんでしょう。レース指向の人は速度をあげるためにはいいかもしれませんが、僕らのようなのんびり楽しみたい人間には、デザインそのものがアピールしているようで、かなり恥ずかしいです。

今回、僕は①を提案しているわけですが、②もありますね。こういう草の根の声をつなげていって、メーカーにしろユーザにしろ、動かせればいいですね。

投稿: ちぇん太 | 2008年1月22日 (火) 17時24分

パリジェンヌさん、コメントありがとうございます。

>ヘルメットはロードには必需品ですね。
いや、被らずに乗ってる人もいますよ。
義務化するのも一つの手ですね、しかし、上からの強制でやるのではなく、できれば自転車乗りからの自発的な動きで、ヘルメット被る率が上がるといいと思います。

>私・・個人的にドラエモンのヘルメット気に入りました。
>今度、被ってちぇん太さんに会いにいってみようかな^^

思い切りシカトします!(きっぱり!)

投稿: ちぇん太 | 2008年1月22日 (火) 17時31分

KAKAPOさん、こんにちは。
いま増えているサイクリストは、街乗り指向のゆるい人が多いのではないでしょうか。
ライトなバイク乗りが増えているのですから、そういうユーザに向けたヘルメットの提案があってもいいのではないか、と思って、この記事を書きました。ウェアでは、そういう雰囲気のものも出ていますしね。
確かにヘルメットメーカーは、あたらビジネスチャンスを逃していると思います。
カスクの写真を載せてますが、これなんかヒントになるんじゃないか、と思うんですが・・・

投稿: ちぇん太 | 2008年1月22日 (火) 17時40分

いやなオヤジの(^^ゞ 10さん、こんにちは。

もちろんヘルメットの性能に一番求めるものは安全性ですよね。
でもその次はデザイン。スポーツバイクの購入を躊躇する理由にウェアの派手さがある、とどなたかのブログでみた記憶があります。ヘルメットもそうですよね、ましてやウェアよりも選択肢が少ないですからね(^_^;)

「多数派」工作、必要ですね!「いやなオヤジ」と言われても、めげないで頑張りましょう(^o^)/

投稿: ちぇん太 | 2008年1月22日 (火) 17時45分

もう少し、書かせてください。
わたしが、ちぇん太さんに「同感!」と云ったのは、「デザイン開発に、メーカーさんもっと考えてください」というところです。
今は同じコンセプトの競合商品がほとんどです。KAKAPOさんもおっしゃるように、ユーザーに目線を合わせると新デザインのヒット商品を開発できるかもしれないのに、ビジネスチャンスを逃しているような気がします。
一方、「冠るのが当たり前」になってくると、メーカーはマニアから目線をもう少しマスユーザーに変えてくる。デザインも変わり、価格も安くなってくる。
こんな相乗回転が出てきて欲しいものですね。
くどくて、ゴメンなさい。

投稿: サスケハナ | 2008年1月22日 (火) 19時11分

本筋から外れてしまうかもしれませんが、ちょっとだけ。

草の根活動でヘルメットをかぶるようにするというのはもちろん必要な手段ですが、それ以上にかぶりやすいヘルメットを! と、みなさん考えていらっしゃるようですね。

先日参加したスーパーママチャリグランプリは、当然ヘルメット着用が義務付けられていましたが、工事用のヘルメットでもOKでした。そこで、我がチーム名「カラータイマー」に則り、赤・青にシルバーのラインを入れるという(サイクルスタイルカフェの私の日記参照 →http://cafe.cyclestyle.net/user/diary/detail/?reffer_id=1373&id=18180)カラーリングをしました。
ま、これはお遊びですが、こういうお遊び的大会の中にこそもしかすると新しいヒントがあったりするのかもしれませんね。

投稿: 103 | 2008年1月22日 (火) 19時25分

サスケハナさん、こんにちは。
全然くどくないですよ。フォローしていただいてありがとうございました。
一言で自転車といっても様々ですし、サイクリストの好みや指向もさまざま。それぞれにあったヘルメットの選択肢が増えるといいと思います。
マーケットが狭ければ止むを得ないですが、ちょっとしたブームでユーザーが増えている今こそ、メーカーにこういう視点で開発してほしいですね。

投稿: ちぇん太 | 2008年1月23日 (水) 17時19分

10さん、こんにちは。
僕が思うのは、自分の自転車に対するスタイルや年齢などにあったヘルメットがあってほしいということ。
安全面で必要なものだからこそ、選択肢が多いことを願います。

イベントではコスプレ的要素もありますからね。そう割り切れば、むしろ奇抜なヘルメットでもOK!なんですが。
僕はデザインセンスはあまり無いので、こういうのはどうだろ?みたいなアイデアはないですが、例えばニットキャップを被っているような雰囲気のものができないかなぁ、なんて考えてます。(OGKさん、考えて!)

投稿: ちぇん太 | 2008年1月23日 (水) 17時28分

さらにもう少し。

ヘルメットというと、すぐに「身体保護の用具」と考えて、このことのみに焦点をあてて考え勝ちです。しかしご承知の通り、ヘルメットには他にもいろいろな効用・機能があります。

①安全;身体保護
②他者からの視認性向上;事故防止
③ファッションそのもの;自己表現という生きがい
④自らの安全意識の高揚;ヘルメットを冠ると安全走行の意識が強くなり、マナー意識も高くなる
⑤サイクリストの同朋意識の形成;ヘルメットを冠ったもの同士はツイ挨拶もする
⑥他者からのサイクリストであることの認知;一般の人からも「どこまで行くの」、「どこから来たの」という声がかかる

思いつくところを何でも列記すると、とりあえずこんなところですが、他にもありそうです。
これらの効用への意識や重点の置き方は、人さまざまなはずで、だからこうしてコメントが多く出てくるのかもしれませんね。

投稿: サスケハナ | 2008年1月24日 (木) 12時05分

サスケハナさん、またまたフォローいただいてありがとうございます。

サイクリストは、実際に着用しているからこそ、①や②の重要性に気付いていますが、一般の人はそうではありません。
③の「ファッション」が一番でしょう。
サイクリストの専用のヘルメットやウェアで固めた格好を見て、「頑張ってるなぁ、プププ(冷笑)」といった反応が最も多いのではないでしょうか。
僕も周囲の人に自転車の良さを進めますが、「良さは認めるけど、あの格好は嫌だ」みたいな反応が殆どです。
僕自身、周りに仲間がいないせいか、正直派手なサイクルウェアやヘルメットはちょっと・・・と思いますので、人のことは言えませんね。
ということで、①、②の原則は守った上で、③を意識した様々なヘルメットが世に出ることを願っております。

投稿: ちぇん太 | 2008年1月24日 (木) 12時50分

ちぇん太さん、おはようございます。
こうしてコメント交換していて気付いたことですが、ことはヘルメットだけではなくて、「ウェア」も同じですね。
私の場合は、ヘルメットは①②の目的で決心して冠っていますが、あのウェアについてはインナーはともかく、アウターはダメです。ピッタリで、ケバイ色で、・・・。ウェアについてのちぇん太さんのお考えを記事にできませんか。

投稿: サスケハナ | 2008年1月25日 (金) 11時16分

サスケハナさん、鋭すぎます(^。^)
実は「ウェア編」を考えているところだったんですよ!
僕も自転車のウェアには抵抗有り過ぎなくらい・・・機能的に優れているのはわかるんですが、派手だし、価格は高いし、もうちょっと何とかならんのか!
ということで、近日中に記事にしたいと考えておりますので、また遊びにおいでくださいませ。

投稿: ちぇん太 | 2008年1月25日 (金) 17時13分

 ちぇん太さん、こんばんは1
 ライトなヘルメットやウェアについては、私も賛成です。
 自転車用のヘルメットは、安全性はもちろん、通気性(熱中症にならないように)、軽量さもとても大事だそうです。そうすると結果的に現在もっとも多いタイプのデザインになってしまうのかもしれませんね。
 ウエアですが、やっぱり、前(胸のあたりでよい)にちょっとしたポケットと、社会の窓が欲しいです^^;

投稿: KAKAPO | 2008年1月29日 (火) 23時49分

KAKAPOさん、こんばんは。
確かに自転車用のヘルメットは機能が大切ですね。
それはわかるんですが、それでもあのデザインは何とかならないのかと。
機能を犠牲にせずライトなデザインを考えていただきたい。プロのデザイナーさんにぜひチャレンジしてほしいなぁ。
同じようにウェアについても思いますし、シューズもそう思いますね(^。^)

投稿: ちぇん太 | 2008年1月31日 (木) 18時30分

 ヘルメットであるからには、(1)(2)の
役割は、当然なのですが。
(3)(4)にもウェイトを置いています。
 派遣先へ自転車で行くには、あまりケバケバしい格好ができないので、その反動で、
オフタイムに走るときは“自己表現”したくなるのでしょう。

投稿: 週刊げっきんLIVE | 2008年2月 5日 (火) 18時50分

週間げっきんLIVEさん、はじめまして(で、いいですよね)
コメントありがとうございます。

なるほど「自己表現」というのもあるんですね。
田舎だと、「どこの家の誰々さん」というのがすぐわかり、また話題にされるので、目立つのを避ける傾向があります。(自意識過剰なのかもしれませんが)
サイクリストとしての自分に自信がないのかな?「自己表現」するくらい、自信を持って乗れるといいなぁ、と思いました。

投稿: ちぇん太 | 2008年2月 7日 (木) 08時09分

 レスありがとうございます。
 ハデなジャージ、大好きです。
サイクルジャージではなく、陸上部員や体操部員が
競技前のみ着る《ウォームアップスーツ》ともいう
ほうですが。
 ハデすぎるせいか、既製品に、気に入ったのは
少なくなってます。ミズノやアシックスの
カラーオーダーサイトでないと、買えなくなって
くるのでしょうか?

 これでオートバイのジェットヘルでも、
からだは動かしやすいですホント。

投稿: 週刊げっきんLIVE | 2008年2月10日 (日) 13時41分

週刊げっきんLIVEさん、コメントありがとうございます。

僕は派手なのはダメなので難しい。ノーセンスなつもりは無いのですが・・・
派手じゃなくて、センスのいいものを着たいですね。

投稿: ちぇん太 | 2008年2月10日 (日) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短髪礼賛 | トップページ | 「医師がすすめるウォーキング」 »