« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

ようやく終わりました

資格試験がようやく終わり、ほっと一息です。
え、結果ですか?

・・・まぁ来年があるさ!

最後の数日間は睡眠時間をそうとう削って勉強したので(T_T)
今は早く眠りたい!

それにしても、今回は苦労したなぁ。
必死に勉強しても全然頭に入らないし、覚えたはずのことが思い出せないんです。
老化現象なんでしょうか((((;゜Д゜))

| | コメント (6)

「医師がすすめるウォーキング」

215nyq2p9gl_aa200_ という本を読みましたので、感想を。

筆者は人間ドックの医師。
ウォーキングが健康にいいことは皆さんわかっていると思います。
メタボリックシンドロームの解消のため運動に取り組む場合、多くの人にとって問題は、まず取っ掛かり、そして継続することでしょう。
運動不足だからこその肥満でしょうから、そういう人に運動しろといってもなかなか難しい。ましてや続けることなんて。

筆者が訴えるのは、頑張って歩くことではなく、少しずつ取り組んで続けること。
日常生活の中で少しずつ歩くことからはじめ、やがて楽しみを見つけ距離を伸ばし、継続する。
一日プラス「1000歩」で日常生活を活性化-筆者は「ライフサイクルウォーキング」と呼んでいますが、無理なく始めて続けることを、説いています。

すでにウォーキングをしている僕には特段目新しいことではないですが、まさに運動不足で、これから何か始めようとしている人にはピッタリの本だと思います。
新書で¥660と安いしね(^^ゞ

初めに書いたように、運動不足の生活に慣れちゃっている人には、いくらダイエットしろ、運動しろと言ってもなかなか難しい。それこそ僕くらいショックを受けなけりゃ(高血圧で「いつ血管が切れて死んでもおかしくない」と言われた)、重い腰を動かさないでしょう。
そういう人には、少しずつ始めることが大切です。普段運動していない人がいきなり激しいスポーツをしても、疲れや筋肉痛があって、継続することが難しいですから。
その点で、この本に書かれていることは、いいヒントになると思います。

ところで、自転車はどうでしょうか。
運動強度の面では、ウォーキングより遥かにいいですから、ある程度身体を動かすことができ、懐に余裕がある人にはお勧めします。
ですが、自転車は、初心者にはなかなかハードルが高いと思います。
スポーツバイクはそれなりのコストがかかるし、独特のウェアなど躊躇する部分が多い。一緒にやってくれる仲間がいればいいですけど。

その点、ウォーキングはハードルが低い。この本に書かれているように、日常生活の延長で歩くなら、気軽に始められます。
もし今運動不足で運動したいと思い、何をやっていいか迷ってるなら、まずは気軽にウォーキングから始めましょう。
そして、ウォーキングにはない爽快感を求めたいならば、自転車の世界にいらっしゃい\(^o^)/

| | コメント (6)

自転車ヘルメット・デザイン考

KAKAPOさんのブログでヘルメットのことが話題になってましたので、僕も考えてみました。

さて、当ブログでは、スポーツバイクに乗るならヘルメットを被りましょう、と呼びかけております。
さすがにロードレーサーに乗る方はだいたいヘルメットをちゃんと被っているようですが、街中で見かけるマウンテンバイクやクロスバイクに乗る人は殆ど被ってません。
そもそも安全を考えるなら、全ての自転車にヘルメットは必要でしょう。
ところがヘルメットを被る人が増えないのは何故でしょう?
マスコミの扱い(ノーヘルで自転車に跨っている写真が多い、しかも自転車雑誌でも)も一因と思うことがありますが、いま思うのは、ヘルメットそのものについて。

実は自分も未だにヘルメットを被るのが気恥ずかしい。
これはヘルメットのデザインのせいもあるのではないかと、思うんです。

現在主流のヘルメットはこういうタイプ↓
Regas26 (OGK社のリガス、僕も使ってます)

レーサーレプリカとでもいうのでしょうか。ロードレーサーにガシガシ乗る方用が主流になってます。
自分はあまり長距離を走らないゆる~いサイクリストですから、こういういかにもなデザインはどうも恥ずかしい・・・
多くの初心者の方には、こういうデザインもヘルメット着用のネックになっているのではないでしょうか。

例えば、カスクなどはどうでしょう?
Over_red  Casque4
(写真はRinprojectさんの製品)

まだ抵抗があるかな・・・

Img10551088274
こ、これは・・・(^^ゞ

このように、ヘルメットのデザインそのものが、ある意味着用の妨げになっているのでは、と思います。
せっかく自転車も盛り上がっているのですから、安全面で後退しないようにヘルメットもぜひ被っていただきたい。

そのためにも、抵抗感無く被れるヘルメットの登場を強く望みます!
最近は色々なメーカーが自転車用品に参入しているようですが、こういうメーカーでは、実際サイクリストの社員さんが商品企画されたりするケースもあるようで、ユーザー目線での商品開発を期待したいですね。
頑張ってください!

| | コメント (22)

短髪礼賛

自転車乗りの男性は短い髪の人が多いと、どこかで聞きました。
かくいう僕も髪を短くしております。いわゆるクルーカットに近いかな。

短髪のいいところは、とにかく手入れが楽なこと。
お風呂上りはなーんにもしないし、セットも、整髪料をつけて、あとは手ぐし。1分くらいでOKです。朝の準備は随分楽になりました。
汗をかいた時も髪型を気にしなくていいので、気楽ですね。
難点は、僕の場合髪の伸びるのが早くて、3週間に1回は床屋に行かなくちゃいけないところくらいですかね。
僕も若い頃はもっと長かったですが、一度、この楽さを知ってしまったら、もう長くはできないですねぇ。
清潔感があるのか、好意的に受け取られることが多いようにも思います。

ということで、男性諸氏には短髪をお勧めする次第です。
(髪が薄いのにもいいらしいですよ・・・)

| | コメント (9)

企業の社会貢献にエコ活動

「企業の社会貢献としてエコ活動を」というお話を、サスケハナさんのブログで拝見しましたので、僕も便乗します(^^ゞ
(ついでにリンクもはらせていただきます、サスケハナさん、ありがとうございました)

さて、昨今の日本の企業で、その規定類で目的としての社会貢献を挙げてない企業は殆どないのではないでしょうか。(あったらごめんなさい)
社会貢献が着目されだしたのは確かバブル時代だったと記憶しておりますが、この時は有り余った資金での文化支援など、今から考えると首をかしげるようなものもありました。
時代が変わり、企業の社会的信用が問われる中で、信用力、イメージを高める方法として社会貢献が着目されるようになり、その内容も地に足が着いたものに変わってきていますね。

と、堅く僕なりに状況を整理したところで、これからの課題はどのような社会貢献をしていくかということでしょう。
ここは一つ、多くの企業にエコ活動に取り組んでいただきたい、と思います。
特に環境面でマイナスイメージがある企業には、なおさら頑張っていただきたいと思います。

現在では世界中の多くの人が環境面に関心を持っています。日本もそうです。このことは僕も同世代の友人と話したりする中で実感するところですね。
エコ活動を行えば、環境面で努力する企業というアピールもできます。少なくともマイナスのイメージはないでしょう。
そういえば、従業員が植林活動をしている様子をCMにした企業もありましたね。
あからさまなアピールに眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれませんが、企業の資金がいい方向に向けられるのであれば、ここは大目にみましょう(^^ゞ
企業の社会貢献には、個人とは比べ物にならない資金力、パワー、影響力があります。個人個人の草の根の活動を軽視する訳ではないですが、やはり上記の点では企業の活動にはかないませんし、企業にはその点を自覚して社会全体のための活動をいっそう重視してもらいたいと思います。

ところで、エコと言えば自転車ですね。(自転車ブログですから(^^ゞ )
自転車専用道などのインフラ整備や、ルール・マナーの啓蒙などは、企業がそのパワーを注入することで、随分と進歩するのではないでしょうか。
おそらくは既に取り組んでいる企業もあると思いますが、もっともっとできることはあるはずです。
これらは大企業を想定しての話ですが、ここまで大きな話でなくても、自転車通勤の推進などでも充分に社会貢献になります。
駐輪場の設置やシャワー室・更衣室といった設備面の充実、ノーマイカーデーの設定などは大きな資金をかけなくてもできるはず。
比較的規模の小さい会社でも充分できると思いますよ、どうですかね?

エコ活動の一環としての自転車利用が推進されれば、サイクリストにとっては非常にうれしいことですが、個人としての活動にはどうしても限界があります。
ここに、より多くのパワーが発揮できる企業の社会貢献活動が役立てば、企業にとってもいいことではないでしょうか。

より多くの企業が行動に移されることを願ってますし、また我々個人もそれぞれに出来ることをやっていきたいなと思いました。

| | コメント (6)

尻に火がついた

今月末に会社関係の資格試験を受けることになりました。
今まさにタイトルのとおり焦っているところです。
実は先月の初旬に講習を受講しており、その直後から準備していれば、今頃余裕でいられたんですが・・・

実は僕はこういう切羽詰まった状態じゃないと頑張れない。
これではいけないと、きちんと計画どおりにできることを目指しているのですが・・・
今年の目標の一つが「課題に先んじて取り組む」だったのに、まったくできてません。
反省します・・・


後2週間ちょっと、頑張らねば!

| | コメント (4)

フェラーリの自転車

・・・というニュースをネットで見付けました。
こちらです。

世界限定60台、189万円!
パーツもあれこれ加えるでしょうから(それもいいやつ)、200万円を超えちゃいそうですね、ひえ~(゜o゜)
写真を見ると、シックな感じでよさげですが、やはりフェラーリを謳うなら真っ赤にしてほしい!と思うのは僕だけでしょうか。

この記事の最後に、
「日本では2006年後半からロードレース仕様の自転車が20~40代を中心に爆発的なブームとなり」
とありますが・・・

爆発的?そうなの? (゜o゜)

| | コメント (7)

感じ入った言葉

日曜付けの地方紙にエッセイストの伊藤礼さんの記事が乗ってました。
伊藤さんは、70歳を前に自転車に目覚めたサイクリストで、記事は伊藤さんの自転車ライフについてのもの。

その中で、印象に残った言葉がありました。
「若いアスリートのようにスピードや走行距離で充実感を得る年じゃない。」と語った後に、

僕らはやっぱり走る時間の内容の濃さ。自転車に乗ってるつもりで、実は時間に乗ってるんですよ。

うーん、これはお年を召した方だからこその言葉ですね。感じ入りました。
年を取ったら、こんな風に自転車に乗っていたいものです。(もう年ですが)

不勉強で伊藤さんの本は未読でしたが、読んでみたくなりました(^。^)

| | コメント (6)

初詣、初走行

日曜日、すばらしくいい天気だったので(風は冷たかったけど)、初詣に自転車で行ってきました。
初詣に初走行と初物づくしです(^・^)

まずは、地元の揖屋神社。
20080106_002
三が日を過ぎているからか、他に人はいません(^^ゞ
厳かで清涼な空気の中、ゆっくり詣でました。

次に向かったのは、松江市の東にある武内神社。
平浜八幡宮という神社と一緒というか、むしろ八幡宮の方が主のようですが、僕達地元の人間には「たけうっつあん」という名前で呼ばれており、武内神社の方が有名です。
詳しくはこちらをどうぞ。
由来の看板も参考にしてください。
20080106_007
商売繁盛で有名な神様ですが、交通安全のご利益もあるんです。

普通は、車で参って神社横の駐車場から入りますが、僕は参道から参ります。
20080106_003
20080106_004
20080106_005
20080106_001
20080106_006

ここもそれほど人出は多くないので、ゆっくりお参りしました。
皆さんの交通安全もお願いしましたよー。

久し振りの走行で足が回らず、向かい風もきつく感じたので、少し足を伸ばしたところで帰りました。22km、1時間余りの初走行でした。
適度に坂をいれたりしたので汗をかきました。いい運動でしたね。やっぱ自転車はいい!

| | コメント (6)

仕事始め、歩き始め

まだ連休中の方もいらっしゃると思いますが、僕は本日が仕事始め。
11時前からの出勤でよかったのですが、一人だけ挨拶に廻るのは嫌なので、定時(僕はかなり早めですが)に出勤しました。

天気もいいので通勤は歩きです。
往復で6km弱の歩き初めでした。
三箇日にまったく歩いてなかったので大丈夫かなと思いましたが、大掃除でしっかり身体を動かしていたせいか、どうってこと無かったです。

この土日は好天のようで、自転車で初詣!
なんて考えもありましたが、まだ雪が道路端に残っており、そのせいで濡れている路面がところどころに・・・やはり無理かな(>_<)
車で行くことになりそうですが、歩きも考えておきます。

| | コメント (2)

「一年の計」に思うこと

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

雪のお正月となりました。外に出られないので、今年は寝正月、飲み正月でした。
天候が良い地方の方は、もう初走行されているのかなぁ。
「1年の計は元旦にあり」といいますが、僕も自宅で過ごしながら、今年の目標など考えていました。
まだ、全てまとめてはいませんが、自転車については、年間3,000km走行を目標としたいと思います。
もっと多く走られる方にはたいしたことないと思われるかもしれませんが、去年が約1、800kmの僕からしたら、どーんとぶち上げた感じです。
やはり冬はなかなか走れないと思うので、冬を除く9ヶ月で達成しようとすると、一月で300km以上走らなきゃいけない計算になります。
時間をやりくりして、なるべく多く走りたいと思います。

昨今は、エコの意識もあって、自転車は盛り上がっているように思います。
今年も多くの同好の士にお会いしたいですね。

安全運転で、充実した自転車生活の年にになりますように!

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »