« 星上山登山(本番編) | トップページ | 癒しについて »

言われてもシカトする

今月はここまでほぼ毎日歩くか、自転車に乗っていますが、あまりそのことを話さないようにしてます。

実は、他の人に、通勤で歩いたり、自転車通勤のことを話していると、バカにしたような言葉が返ってくることがあるんです。

例えば、「通勤時に片道30分くらい歩いている」と言うと、
「それだけ?」とか
「たいした運動じゃないね」
とか。
あるいは、「雨の日や、コンディションの悪い日はジテツウしない」と言うと、
「毎日続けて乗らなきゃ」
とか。
あるいは
「よくやるね~(呆れた風に)」とか、
「何が面白くてやってるの?」とか。
正直、いい気持ちはしません。なので自分から話しはしません。
(もちろん「頑張ってるな」という反応の方が多いですけど)

こういうことを言う人たちは、だいたいやらない人たちです。
バリバリ運動やっている人にこう言われると言葉がありませんが、まずそのような人たちは、こんな人を小ばかにしたようなことは言わないと思います。
自ら身体を動かそうとして頑張っている人は、たとえ少しずつでも続けることの大変さがわかっていると思う。
だから努力をしている人をくさすようなことは言わないのではないかな。
そういう人が回りにいないので、あくまで推測ですが。

だから、僕はこういうことを言われてもシカトするようにしてます(^_^;)
聞き流して我が道を行く、というつもりでやってます。
でも、ちょっと悔しいかな・・・

|

« 星上山登山(本番編) | トップページ | 癒しについて »

コメント

私、全く同じです・・・
ものすごくちぇん太さんの憤りと悔しさ、寂しさが分かります。

「よくやるね~(呆れた風に)」とか、
「何が面白くてやってるの?」とか・・

私もまず初対面の人にフルマラソン走るというと、心無い人はこんな反応示してバカにしたように笑います。
それにバイクが付くと完全にキチガイ扱いする人も少なからずいます。
仲の良い友人達は本当に応援してくれますが、ちぇん太さんがおっしゃるように何にも体を動かす努力をしない人ほどそんな風に言います。
あと・・ちょっと悲しいのがロードにしか乗らない人の中にもたま~にですがいます。
「42.195kmなんてしんどくないでしょ、自転車だとあっという間に行けちゃう距離だし」
このセリフ、本当に大嫌い!
私、両方やるから、自分の足で休まず42.195km走るのとバイクで走るのと全然、疲れが比にならないこと一番よく知ってるんです。
はっきり言って、フル走ると体壊すこと多いです。
過酷なレースなんて生易しいものじゃないです。
「お金を払って地獄を見るレース」だと思ってます。
自転車なら疲れたからって少しペダル回すのやめても少しは進むけど、ランは一歩でも走るのやめた瞬間から1mmだって進まないんですから・・

でも、私もちぇん太さんのように何を言われても知らん顔してニコニコ聞き流してます。
説明したりするの面倒だし、こんな人に別に理解してもらおうなんて思ってませんから。
でも、こんな失礼な人達はほんの少数ですから、まだ救われてます。

気を取り直してお互い頑張りましょうね^^v

ところで、車の損傷は大したことはなかったのですか?
お怪我がなくてそれが何よりです。
お気をつけて下さいね(人のこと言えない私ですが・・)

投稿: パリジェンヌ | 2007年11月20日 (火) 23時17分

パリジェンヌさん
コメントありがとうございます。

僕は基本的に自分ができないこと、やらないことをやる人、やれる人には敬意を払うよう心がけてますので、無神経にこういうことを言う人たちは、正直「嫌い」です。

こういう人たちに「自分だって運動不足のくせして、偉そうに言うんだったらやってみろ!」と言うと、大概返答できません。(飲んで絡まれると時々言い負かしに行きますので(^_^;) )
できないなら言わないでほしい。喧嘩するつもりはないので、相手にしないようにしてますけど。
おっしゃられるように聞き流すのが一番ですね。
「負け犬の遠吠え」(^_^;)、とでも思って、お互い頑張りましょう。

僕は走れないので、ジョギングする人も素直にリスペクトしますよ。フルを走るパリジェンヌさんは、もう大リスペクトです(^。^)

車の件、ご心配いただきありがとうございます。
幸い身体の方は何の損傷もなく、自損なので対外的なトラブルもなく、保険も効いたので、すんなり終わりました(いろいろ周りの方にはお世話になりましたが)
パリジェンヌさんもお気をつけくださいませ<(_ _)>

投稿: ちぇん太 | 2007年11月21日 (水) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星上山登山(本番編) | トップページ | 癒しについて »