« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

どうしてそんなに急ぐかな♪

タイトルは「どうしてお腹が減るのかな♪」のメロディで歌ってください。

僕も相当なせっかちなので人のことはそう言えないですが、なんであんなに無駄に急ぐのか?
いや、飛行機から降りる時の話。
飛行機が停止した時から、すぐ出口へ急ぐ人いません?
今回の東京出張でもいました、そういう人が。
もう止まった時から、急いで荷物持って出口へ向かう。そうはいっても、通路には下りる準備をする人がいるから、そう前にはいけない。せいぜい10数人分くらいしか前に行けないと思います。
今回、米子空港で見た人も、急いでやって来て、ちょうど私の横の辺りで止まってました。
僕の座席が後ろから数座席くらいのところでしたから、その人もせいぜい4,5席分くらい前に出ただけのはず。
「無駄なのにな~」と思ってみてました(^。^)

ちなみに僕はせっかちですが、合理的でないと気が済まない性質で、無駄なことが大嫌いなので(仕事や共同作業に関してです。自分のことは無駄だらけ)、準備を済ませたら座席に座って待ちます。
だって、結局自分の番が来なけりゃ出られないし、急いだってタカが知れてます。
こういう時は座って待つに限ります。

それでも急ぎたがる貴方に、僕の体験談を。
ある時、羽田空港で。
その時はバスでターミナルまで移動することになってました(だからこそ↓こういう話になるんだろうけど)
飛行機が停止し、皆降りようと準備を始めました。例によって急いで降りようとする客が僕の横にも来ました。
その時に、突然の機内アナウンス。
「皇太子殿下が外遊から帰国なさいまして、ただいま到着されましたので今しばらくお待ちください。」
ちょっと内容はうろ覚えですが、要は皇太子殿下の到着を優先するので、しばらく待て、ということですね。
結局、30分以上待たされたんですよ!
僕は自分の座席で座って待ちましたが、急いでいた客は結局自分の席に戻ることもできず、荷物を持ったまま待機。いやぁ気の毒でした(^。^)

ちなみに、今回僕は松江行きの連絡バスに乗ったんですが、そのバスの中に例の急いでいた客がいました(^。^)
だからね、あんなところで急いでも無駄なんですよ。
こういう人達は、いったい何を急ぐのでしょうか?トイレにでも行きたかったのかな(^_^;)

| | コメント (4)

気になるCM

自転車に乗り出してから、テレビや本などでスポーツバイクが出ると、気になるようになりました。
どこのメーカーのなんちゅうバイクだろ?とね。

最近気になるのは、ドコモのCMで妻ブキくん(たぶん)が乗っているバイク。
MTBかクロスバイクか、ピンクのフレームが派手!
ロゴの感じからキャノンデールかとも思いますが・・・
ホームページを見てみたけど、CMの情報なんかどこにもないじゃない、それじゃまずいんじゃないの、ドコモさん。

どこかに情報はないものでしょうか、すごく気になる・・・

| | コメント (4)

自転車散歩しました

今日は一日穏やかな快晴でした。
昼は会社に行ってましたが、あまりにもいい天気なので、早めに切り上げてさっさと帰宅。
日が落ちるまで自転車でのんびり走りました。

自宅近くの中海干拓地に行き、堤防をぐるりと走りました。
しかし、虫だか何かの種だかがいっぱいで閉口。
写真を撮ったら早々に退散しました。
20071125_001

この季節は好天はなかなか少ないので、チャンスは逃さず、のんびり走りたいですね。

| | コメント (2)

うつ病について

「癒しについて」の記事のコメントでうつ病のお話が出ていたので、取り上げておきます。

とはいえ僕みたいな素人が説明するより、専門のサイトをみていただいた方がよいと思いますので、下記のサイトを参考にしてくださいね。

UTU・NET 

NHK うつサポート情報室

うつ病の人も、うつ病になりつつある人も、そしてその周りの人も、皆さん大変だと思います。
きちんとうつ病のことを知って、適切に対処していただけたらいいなぁ、と思います。

最後に僕なりのアドバイスです。

  • ストレスを溜め込まないように。
    仕事を離れたら仕事のことは忘れましょう。
    職場を出たら気分転換!です。(ちなみに自転車通勤は気分転換にバッチリですよ)


  • 職場でうつ気味であること、ストレスが溜まっていることを言い出しにくい場合があると思います。
    でも、心の疲れは仕事にも影響するもの。会社も貴方に健康に働いてほしいと思っています。
    迷惑をかけたくないと思うのでしたら、かえって早めに(メンヘルに理解のある)上司や同僚に相談しましょう。


  • 周りにストレスを溜め込んでいそうな人がいたら、ひと声かけてあげましょう。
    できれば、彼または彼女が喜びそうなストレス発散方法を提案し、付き合ってあげましょう。
    注、「こうしたら」とか「ああしたらいいよ」とかのアドバイスだけでは、かえって悩ませ、負担になったりすることがあると思います。
    ですから、自分が行くのに「付き合わせる」のが、よりよい方法ではないかなと思います。つまり「提案」だけでなく「一緒に行動すること」がいいと思います。

うつ病には休むことがまず何より。
何もしなくていいんです
ゆっくり休んでください。
そして、外に出たいと思ったら、
「癒しについて」の記事を参考に(ちと手前味噌ですが)
ごゆっくりお出かけください(^o^)/

| | コメント (0)

早朝の宍道湖、冬の初め

今週の通勤は全て歩きでした。
一段と寒さが強まり、宍道湖岸を歩くのもつらいことが多くなりました。
そんな中、比較的穏やかだった朝に撮った写真を載せます。

20071123_001
なぜか僕の写真は斜めになる癖があるな。身体が歪んでいるのでしょうか。

20071123_002
雲がターナーの絵を思わせます。イギリスもこんな感じなんでしょうか。
湖上の舟はしじみ取りの漁師さんのものです。
真ん中に青い小さな物体が見えますか?これは直接湖に入って(この寒いのに!)取ってらっしゃる漁師さんの籠です。すげ~

20071123_003
わかりづらいですが、真ん中に虹が(肉眼ではきれいに見えたんですが・・・)

写真からも寒さが伝わるのではないでしょうか。
ちなみに夕日の写真はありません。今の時期、退社する時にはもう日が暮れているのです(>o<)

| | コメント (0)

癒しについて

昔、鬱病の方が近くにいて、いろいろと勉強したことがあった。
鬱病の人には、とにかく休ませること、心を癒すことが何より、とのこと。
(4,5年前の話だから今は違うかも)

それで、その人だけじゃなく、癒しを与える言葉を集めたサイトを作ろうなどと考えたことがありました。
ネタ集めが大変で、結局断念しましたが。
ちなみに最初に考えたネタは、「今日はこれぐらいにしといたるわ」by池乃めだか、でした。(断念した訳がわかると思いますけど(^_^;) )

長らくそのことは忘れてましたけど、このブログなどでお話しているうちに思い出しました。

自転車やウォーキングで自然の中で走ったり、神社やお寺などを散策したり、水辺で佇んでいても、癒されますよね。
僕はもともとインドア派なので、外に出て癒されるという経験が少なかった。いま田舎に帰って、日々サイクリングやウォーキングをしている生活をして、しっかり癒されてます。

鬱病そのものになると外に出られないから難しいですが、回復しつつある人や、なりかけの人、あるいは日々ストレスであえいでいる、そんな人たちには、ぜひこういうことを勧めたい。

自転車でちょっと遠出したり、
いつもは行かない場所にまで歩いていったり、
森の中や水辺にいったり、
近所の神社やお寺にいったり、
こういうことで、気持ちにも何らかの変化があるかもしれない。
そもそも、こういう余裕のある時間を作り出すことが癒しになるのではないでしょうか。

田舎の人は、車での移動が殆どで、こういうことはされないと思います。
身体とこころのリフレッシュになりますよ。
自転車や徒歩で、お出かけされたらいかがでしょうか。

| | コメント (3)

言われてもシカトする

今月はここまでほぼ毎日歩くか、自転車に乗っていますが、あまりそのことを話さないようにしてます。

実は、他の人に、通勤で歩いたり、自転車通勤のことを話していると、バカにしたような言葉が返ってくることがあるんです。

例えば、「通勤時に片道30分くらい歩いている」と言うと、
「それだけ?」とか
「たいした運動じゃないね」
とか。
あるいは、「雨の日や、コンディションの悪い日はジテツウしない」と言うと、
「毎日続けて乗らなきゃ」
とか。
あるいは
「よくやるね~(呆れた風に)」とか、
「何が面白くてやってるの?」とか。
正直、いい気持ちはしません。なので自分から話しはしません。
(もちろん「頑張ってるな」という反応の方が多いですけど)

こういうことを言う人たちは、だいたいやらない人たちです。
バリバリ運動やっている人にこう言われると言葉がありませんが、まずそのような人たちは、こんな人を小ばかにしたようなことは言わないと思います。
自ら身体を動かそうとして頑張っている人は、たとえ少しずつでも続けることの大変さがわかっていると思う。
だから努力をしている人をくさすようなことは言わないのではないかな。
そういう人が回りにいないので、あくまで推測ですが。

だから、僕はこういうことを言われてもシカトするようにしてます(^_^;)
聞き流して我が道を行く、というつもりでやってます。
でも、ちょっと悔しいかな・・・

| | コメント (2)

星上山登山(本番編)

11月11日(日)、1並びの日に地区の若者会、子供会合同で山登りを行いました。

当日の天気予報は雨でしたが、朝9時の集合時間では曇り。
現地で登るか判断することとし、まずは登山口まで車で移動。
ついてみると、日差しも差しており、とりあえず上りは大丈夫だろうとスタートです。
20071111_001

下見の際には下りでしたが、登るのはまた別のきつさが・・・
最初は快調。
20分たって汗がしたたるようになって最初の休憩。
このあたりではまだ余裕でした。
しかし徐々にきつくなっていき、休憩の間隔が短くなっていきました。

また、森の中の道なので景色が見えず、どこにいるのか、天候はどうなのかもわかりずらい。この点もきつかったかも。
20071111_003

なんとか、1時間ちょっとで炊事場所に到着。
平地ではどってことない距離ですが、やはり上りの連続はきついですね。

心配された雨はこの辺りから降ったり止んだり。
その中で料理を開始です。

子供達と一緒に飯盒炊飯とカレー作り。
炊事場所からはきれいな虹も見れました。
20071111_005
(わかりづらいかな?)

カレーはいい出来でしたが、飯盒は・・・コゲがちょっと、ね(^_^;)

でもおいしく食べれてよかった。

帰りは雨が本降りになり、車で下山しました。
結局上りだけでしたが、あの体たらくでは下りはきつかったかも。
来年以降は、もう少し足を鍛えなければ。

帰宅後、近所の集会所に男性メンバーのみで慰労会。
総じてみんな満足のようで。来年以降も続けよう、ということになりました。
子供達にも満足してもらえてよかった。
今回は他のスタッフに頑張ってもらったので感謝です。

これで今年の行事は終わり。
できなかったことや、失敗もありましたが、総じて頑張れた1年でした。

ところで、帰りに車をぶつけちゃいました(自損です)
これさえなけりゃ、いい一日だったのになぁ。痛いなぁ(T_T)

| | コメント (2)

冬の訪れ

すっかり寒くなりました。
今日は用があって会社に行きましたが、あられが降って、西からの強風が吹くコンディション。
もちろん自転車で行く気にはなりません。
特に西からの強風は、この地方の冬の特徴とも言えるもので、あおられるので自転車で走るのは危険です。

どうやら本格的に冬に入りつつあるようで、こうなるとジテツウは難しい。
冬でも穏やかな気候はありますが、それが朝から夜まで続くことが少ないので、この点でもジテツウする環境としては厳しいのです。

ということで、どうやら今年のジテツウは終わりとなりそうです。
洗車と注油して来春までお休みです。
もう少し走りたかったなぁ。

はて、そうなるとこのブログはどうなるんだろう。
冬の間はなるべく歩くように心がけてますから、お散歩ブログに衣替えしようかな?

| | コメント (4)

久しぶりに自転車通勤

長く怠けておりましたが、久しぶりのジテツウ復活。
一日天気なのもありますが、昨夜飲んでお風呂入ってないから、汗を出して酔いを抜いて、シャワー浴びようという邪まな理由も・・・(^_^;)

すっかり服も変わりました。
上は長袖のTシャツにジャージを羽織り、下は普通のチノパンです(股間に穴あき)。
夏用のグローブしか持ってないので、冬のウォーキング用の毛糸手袋を流用。
あまり人様に見せられるかっこじゃありません。(朝早いから誰も見ませんが)
それでも殆ど汗をかかない。会社の近くに来るまで「寒い!」と思ってた。
もうすっかり冬が近くなったんですね。

寒いけど、でもやっぱり気持ちいい!
朝焼けの空に大山のシルエット(注、写真はありません)
川面にはもやがたちこめている。
穏やかな田園の景色と空気を楽しみました。
本格的に冬になるとジテツウはほとんど無理だから、今のうちに楽しんでおこうっと。

| | コメント (6)

東京のんびり旅行

先月東京に行ってきました。
久々の遊びの東京行きですので、かつて住んでいた時に行けなかった場所に行こうと考えていたんですが、いざ当日になると身体が重い、疲れがあるようです。
夜の飲み会の約束もあるし、出歩くのは少しにしました。
行きでばたばたしたし。

ということで、そう言いながらも出かけた場所は・・・
やはりここです。陸自の広報センター。

20071022_008
軽機動装甲車がお出迎え。

中に入ると2階から観て行きます。陸自の歴史とかを見た後、1階へ。

20071022_009 20071022_010

90式戦車にAH1Sコブラ、中庭?にも車両が展示してあり、興奮して写真撮りまくり(^_^;)
この日は晴天で撮影にはバッチリでした。
ここはセンシャスキーには素晴らしいところですね。
今まで実物を見る機会がなっかたけど、初めて90式戦車を見れてよかった。

次は、科学技術館。

20071022_002

星のマークが入った外壁がナイス!

自転車関係の展示が多いと聞いていたのですが、なるほどいっぱいあります。

20071022_007 20071022_003 20071022_004

面白い!
他にもいっぱいあって楽しめました。

20071022_005 20071022_006

いやぁ、ワンダーランドでしたね(^.^)
見学の子供達でいっぱいでじっくりは見れなかったけど。
でも、子供達大興奮でしたね。
確かに子供の頃に来てれば、僕ももっと大はしゃぎだったろうな。

最後は旧古川庭園。
しぶっ!まぁオヤジですから(^_^;)

ちょうど薔薇祭りだかのイベントをやっていると聞いたので、実は庭園スキーな僕も出かけました。
平日だから人いねえだろうと思っていたのに、結構な人でした。(若い人もけっこういました)

20071022_012 20071022_011

薔薇もいいですが、背景になる洋館が実にいい感じ!よかった。

てな、ぶらり途中下車な旅、な感じの力の抜けた旅行でした。

おしまい。

| | コメント (2)

何とかしなければ

数日前、新聞である事実を知った。
大気汚染の一つの目安である光化学オキシダント濃度の年平均が全国平均より高い、とのことだ。

全国一だったかもしれないが、まぁどちらでもいいこと。
環境面でよいはずの田舎が都会地より汚染されているということがショックだった。
緑は都会地に比べはるかに多い。水は水道水が普通にうまい。
田舎に住むことの理由の一つが優れた環境にあるのだから。

原因はどこにあるのか。
県内にはない。
そう、中国である。

かの国の汚染された大気が流れて、この島根の地を覆っているのだ。
昨夜のNHK「クローズアップ現代」でも取り上げていた。
日本海側は、島根に限らず同じような状況らしい。
このまま放置しておけば2020年頃には危機的状況になるという。

何ということだ。何とかしなければ。

経済発展に血眼になっている国に開発を止めろといっても止めないだろう。
国際社会からの圧力もどれだけ有効か?
日本の優れた環境技術を無償で供与してでも、有害物質の排出をやめる方向に導くしかないだろう。
企業の皆様、営利追求の方向からははずれるかも知れませんが、子、孫の代の幸せのため、ぜひよろしくお願いします。

さて、我々にできることは何かあるだろうか。
もちろんあると思う。
こうして声を上げ、呼びかけること。
ちっぽけな一人の人間だが、できるだけ環境を保全するよう努力すること。
自転車や徒歩で移動することも有効だよね。
石油もどんどん値上がりしてるし、皆が自転車や徒歩のエコパワーに気付いて利用してほしいなぁ。

| | コメント (0)

勝てばいいのか

今年の日本シリーズが昨日で終了。
中日が日本ハムを破って優勝した。
しかし、僕にとっては興味なし。中継を見たりもしなかった。
両チームともにまったく思い入れの無いチームだし。
それに最近の日本のプロ野球に対する興味は薄れている。

だから、「ふーん、そう」で済ますつもりだった。
昨日の9回の投手交代が無ければ、ブログで取り上げることもなかったろう。

8回まで日本シリーズ初先発の山井投手が相手を完全に抑えていた。
このまま9回も完全に抑えれば、日本シリーズで完全試合という(たぶん)史上初の快挙であった。
大リーグでもワールドシリーズでの完全試合は過去1例しかない。
まさにすごい記録だ。多くの人がその夢に酔ったことだろう。興奮したことだろう。
山井投手にとっても一世一代のチャンスであったはずだ。
ところが落合監督は、あっさりと抑えの岩瀬投手に交代させてしまった。

これでよかったのか。
ちまたでも賛否両論であるようだが。

優勝という結果になったのだからいいという意見も当然あるだろう。
山井投手から降板を申し入れたという話もちらっと聞いた。
しかし、僕が監督なら、少なくとも一人ランナーを出すまでは続投させただろう。尻を叩いてでも。
その結果、ピンチに陥ることになったら、その時に抑え投手をだせばいい。抑え投手も先発投手のチャンスを奪ってまで投げるつもりはないだろう。

落合監督の勝利至上主義は以前から言われている。確かに結果を出している。
しかし、どうだろう、勝てばいいのか?それだけでいいのか?

スポーツの勝敗を超えたところのドラマに、僕は魅力を感じる。
今回の交代劇で多くのファンが幻滅したことだろう。
日本のプロ野球は人気が落ちて危機を迎えているといわれるが、今回のことがまたファン離れのきっかけになりはしないか。
少なくとも僕はがっかりした。うんざりした。来年は今年以上に興味が持てないことだろう。

日本には「勝てば官軍」という言葉がある。嫌な言葉だ。
勝ち負けがすべてじゃない、
ファンが楽しめる野球をやってほしい、と僕は思う。

もう一つ。
「意気に感ず」という言葉がある。こっちは大好きだ。
最後に勝利を託されるクローザーは、もっとも「意気に感ず」るポジションだろう。
今回、岩瀬投手は果たして「意気に感じ」たのだろうか。
ぜひ聞いてみたいところだ。

| | コメント (0)

今更ですが、きっかけについて考えてみた

前回の記事や、パリジェンヌさんにいただいたコメントから、なぜ今自分が自転車に乗っているか、考えてました。

始めるきっかけは、高血圧になったことで、「身体にいいから」とか、「ストレス解消になるから」といった事でした。
しかし、それだけなのかな、これが10年前、20年前だったら果たしてチャレンジする気持ちになったかどうか・・・

僕は今44歳。
見た目は若いといわれますが(ちょっと得意げ(^_^;))、人生で言えば中間点くらい。
そろそろ終わりも見えてきて、老後のことなんかもかなり現実的に考えます。
この年齢だったからこそ、
「もっと年をとったらできない、今のうちにできることをやりたい」とか、
「一生楽しめる趣味や生きがいが欲しい」とか、
「確実に感じ始めた身体の衰えも何とかしたい」
といった気持ちになったのではないかな。
今のうちにチャレンジしたいという気持ちが強くて、それが一歩踏み出すきっかけというか、後押ししてくれることになったのかなと思います。

まぁ、今はただ好きだから乗っているだけですけどね。

僕と同じくらいの年齢で、同じように思っている方もいるのではないでしょうか。
ご同輩、自転車でなくてもいいですよ、いろいろチャレンジしてみましょうよ\(^o^)/

| | コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »