« オーストラリア各地で「自転車通勤」奨励イベント | トップページ | ぼけてる? »

危険なピスト

先日、車で通勤していた時のこと。

右側の歩道をかなりのスピードで走っている自転車を発見。
まぁ例によってノーヘルです。
ハンドルは金属がむき出し。はやりのピストというやつですね。
しかも、どうもブレーキがついてないように見えます!
僕はそこで駐車場に入ったので、はっきり確認はできませんでしたが、もしブレーキがついてないのなら非常に危険です。(本人は自己責任で勝手に危険に瀕すればいいですが)

春だったでしょうか、某ナイキがノーブレーキの自転車を奨励するような広告を出して叩かれてましたが、やはりブレーキなしピストがかっこいいと、公道を走っているようなバカ者、いや若者が今でもいるんですかね。

ほんとに危ないですよ。自分で勝手に事故るのはいいけど、周りを巻き込んだらエライことになりますよ。
どう責任をとるつもりなんだろう?

本当に自転車が好きなら、ルールとマナーを守って、公道を利用する全ての人の迷惑にならないように乗ってください。

|

« オーストラリア各地で「自転車通勤」奨励イベント | トップページ | ぼけてる? »

コメント


あっ!私はねさっき、駅から車で帰ってきたんですけど、無灯火のノーヘルでロード乗ってる若者に遭遇しましたよ!
もう~もう~本当に危なくって危なくって・・・!
それもいきなり車道に飛び出てきて私の車の真ん前に出てきたから、びっくりして慌てて急ブレーキ踏みました。
何考えてんだか・・・

ノーブレーキですか?
全くふざけてますね!
今時の若者受けするものって、正直言ってロクなものありません。
ルールもマナーもわきまえないような若者が急増してるってのにそんな連中にスリル感という形で楽しみを提供しようとするなんて許せませんよね。
一歩間違えたらどんな大惨事を引き起こすか・・・
そんな自転車に轢かれる人も災難なら、そんな自転車に当ててします車も被害者です。

投稿: パリジェンヌ | 2007年10月20日 (土) 23時11分

年取ると「今の若いモンは」というのがどんな人でも口癖になってしまうのか、ま、そう思ってしまうことが多々あるのは事実です。ただ最近、そうばかりでもないのかな~などと思うこともあります。

50代のサラリーマン風の男性が、満員電車で脚を広げて座っていたり、その反面大学生くらいの男の子がおばあさんに席を譲ったり。
朝地元のCRを走っていて、挨拶をしても返してくれる若者も居ればそうでない人も居る。これは他の年代の人でも同じことで、単純に「若者だから」という理由でひとくくりにできないな、と最近思い始めています。

もちろん、若いがゆえに周囲の事を考えずに迷惑をかけてしまうこともあります。でも、それだけでなく世の中全体が病んでいるような気がするのです。

いや、ノーブレーキ、ノーヘル、無灯火はもちろん危険です。迷惑です。自分が巻き込まれたらと思うと背筋が冷たくなりますね。そういうことをしている人に若者が多いのも事実です。ホント頭にきますが、いい大人でも信じられないことをしている人がいるのもまた事実でしょう。

なんかとりとめのない文章になってしまいました。ちぇん太さん、パリジェンヌさんの主張も最もだと思います。ただ、つきつめて考えれば「若者だから」ではなく「その人の人格」が問題なのでしょうね。

投稿: 103 | 2007年10月21日 (日) 05時38分

う~ん、103さんのお言葉にも確かに一票!
時々ものすごく感じのいい若者にも出会うし、反対にいい年したおじさん、おばさんの傍若無人な振る舞いに本気で呆れ返ったりしますね。
私は独身時代、全くお酒が飲めないのに「オヤジ」連中が無理矢理飲まそうとした挙句、頑として飲まない私をいきなり罵倒して「しょーもない女!」と吐き捨てるように罵ったことが今でもトラウマみたいになってます。
今時の若者、感じのいい子はやっぱりその親も素敵な方が多いような気がします^^
反対に礼儀知らずやモラルをわきまえてないような子達の親って、同じような感じの人多いですね。
「親は子の鑑」そして、我が子の姿は「自分の鏡」
そんな風に思うことしばしば・・・
で、偉そうに言ってる私はどうなんだ・・?
やっぱり10代の頃は知らず知らず、大人の眉をひそめさせることもあったのではないかと、反省することいっぱいありますよ。。。

投稿: パリジェンヌ | 2007年10月21日 (日) 11時10分

「若気のいたり」と、パリジェンヌさんのいう「親は子の鑑」は別問題ですね、きっと。

パリジェンヌさんのコメントを読みながらボクシングの亀○親子を思い浮かべました。

投稿: 103 | 2007年10月22日 (月) 05時54分

103さん、パリジェンヌさん、お久しぶりです。
ご意見いただきまして、ありがとうございます。
ちょっと、東京へ行ってまして・・・ええ、例の旅行でございました。
ほんと自転車多くなりましたね、盛り上がってますね!自転車屋さんにも行ってきましたが、若い方が多くいらして、あまりゆっくり見れなくて、早々に退散しました(^_^;)

さて、東京で二人ほど見かけましたよ!ノーブレーキのピスト。
一人はメッセンジャー風の若者(渋谷で見ました、あんな坂だらけの街でブレーキ無しは怖いよ)、もう一人は年齢は確認できませんでしたが、若くは見えなかったなぁ。

お二人もおっしゃるように、「若者」ばかりが悪いわけじゃありませんね。
いい年こいて常識の無い人はいますしね、自分も気をつけたいですね。

「今時の若者は・・・」なんて、十把一絡げにしないよう心がけてはいますが、ただ、自分たちの若いときと比較すると、挨拶とか、エチケットとか、僕らの世代では当然と思うようなことをやらない人が多くなっている気はします。
「若者」がいけないということではなく、ルールを守ったり、エチケットやマナーをしっかり理解して使う姿勢が、徐々に無くなりつつあるという、そういう問題があるんじゃないかな?(これは社会全体の問題といえると思いますが・・・)

なんか違う方向に行ってるかな?この話、また別の機会に取り上げてみたいと思います。
今回はいろいろと考えさせていただきました。ありがとうございました<(_ _)>

投稿: ちぇん太 | 2007年10月28日 (日) 16時23分

ちぇん太さん、お帰りなさい!
ってか、東京から離れちゃったんですね...

>「若者」がいけないということではなく、ルールを守ったり、エチケットやマナーをしっかり理解して使う姿勢が、徐々に無くなりつつあるという、そういう問題があるんじゃないかな?

まさに↑その通りだと思います。

投稿: 103 | 2007年10月28日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーストラリア各地で「自転車通勤」奨励イベント | トップページ | ぼけてる? »